済美高校(愛媛)エース山口直哉と監督に感動!見事な大逆転サヨナラ満塁ホームラン!

   

 

記念すべき第100回全国高校野球が熱い戦いを繰り広げていますね!

暑い夏ですが、どうか体調管理には充分に気をつけてほしいと願うところです。

この第100回目の甲子園を迎える選手の高校3年生は2000年生まれの選手達になります。

産まれた時から、第100回目甲子園の選手を言われて育ち、この甲子園を勝ち取った選手達になるので、いつもの甲子園よりも戦う方も観戦する方も、気持ちが違うのではないでしょうか。

 

本当に熱い戦いがある中、

8月12日(日曜日)第3試合目

 済美(愛媛) vs. 星稜(石川)

 

この済美(愛媛) vs. 星稜(石川)が13回までの延長戦をする熱い戦いを見せてくれました!

 

Sponsored Link

 

済美高校エース山口直哉

(引用元;https://www.高校野球.online/saibi-yamaguchi)

済美高校の山口投手ですが、球数が170球オーバーしています。最終的に180球になりました。

猛暑が続く炎天下の中で、12回まで170球以上投げており、とても気迫がすごいのですが、体調が心配になりました。

しかし、最後は180球まで投げ、若さあふれる気力をみせてくれましたね。

 

山口直哉選手のプロフィール

利き腕 右投左打
身長 171cm
体重 64kg
ポジション 投手
最高球速 144km

 

◆ 全国大会(高校)歴

高校2年
2017年全国高校野球選手権大会(3回戦)
2017年国民体育大会(1回戦)

高校3年
2018年全国高校野球選手権大会(2回戦)

 

 

第3試合目 済美(愛媛) vs. 星稜(石川)途中までの成績と結果

 

 

◆試合振り返えると

1回表:星稜が一気に5点を入れ、勝負が決まったように見える

8回裏:済美が一気に8点を入れて逆転

9回表:星稜が2点を取り返して延長戦へ

12回:延長戦でも決まらず、タイブレーク

13回表:星稜が2点を追加これで、星稜の勝利と見えた

13回裏:済美が逆転サヨナラ満塁ホームラン

 

 

◆第3試合目 済美(愛媛) vs. 星稜(石川)結果

 

済美高校の矢野選手の逆転サヨナラホームランで星稜高校に勝利しました!

しかし、本当に13回の延長でここまで劇的な試合を見せてくれ、両選手本当にお疲れ様です。

最後は済美高校が勝ち上がりましたが、星稜高校の追い上げも本当に素晴らしかったです。

 

感動的試合のTwitterの反応

感動的な延長13回の熱い戦いを見ていた声をご紹介します。

 

 

管理人も見ていましたが、最後は本当に鳥肌がたつくらいの、感動的な試合でした。

済美高校(愛媛)の中矢監督の言葉

最後まで諦めずに勝利を掴んだ済美高校。

インタビューで中矢監督はこのようにコメントされていました。

 

>最初に6点を取られていた時のベンチの状況は?

監督:諦めずに、とにかく1点、1点ということで、なんとか辛抱づよくランナーをためて、そこで攻撃をしようということで戦ってきた

 

>その中、先発の山口選手が180球をこえる投球をみせてくれました

監督:スタミナはある選手なんですけれども、やはりこの暑さということもあって、気力で投げてくれたと思います。

 

>途中、少し右足を気にする様子もありました

監督:山口選手がデッドボールが当たったりというものあったんで、少し心配してたんですけれども最後までよく投げてくれたと思っています。

 

 

済美高校のエース山口直哉選手ですが、デッドボールが当たり見てられない状況もありましたが、最後まで諦めずに投げてくれた姿に感動しました。

 

また、中矢監督は最初に負けているときも、「とにかく1点1点辛抱づよくランナーをためる」と焦らずやっていこうとの気持ちが選手にも伝わったのでは、ないかと感じましたね。

 

見事な大逆転逆転サヨナラ満塁ホームラン!「やればできるは魔法の合言葉」

記念すべき第100回全国高校野球ですが、連日熱い戦いが繰り広げられおり、第100回に相応しいと感じてみています。

今回は、8月12日の第3試合目、13回裏まで戦って済美高校が逆転サヨナラ満塁ホームランという劇的を試合を見せてくれとても感動しました。

そして、もう一つ話題になっているのが済美高校の校歌、「やればできるは魔法の合言葉」

済美高校の選手達が最後まで諦めないでこの校歌を、日本中に届けてくれたこと。

この校歌を聞いても、素晴らしい高校の一つとして有名になるのではないでしょうか。

 

また、負けた星稜高校ですが、負けない気迫は素晴らしかったですね!

最高の試合に管理人も涙が・・・

 

本当に、球史に残る素晴らしい試合となりましたね。
まだ、試合は残っているので、最後まで諦めない試合を繰り広げてくださいね。

 


 - スポーツ情報, 野球関係