内野聖陽の読み方が気になる!身長や出身大学での演劇が凄かった!

      2017/03/26

こんにちは~

『LEADERS Ⅱ』の山崎亘を演じる内野聖陽さん。

イケメンダンディーの内野聖陽さんの熱い演技が素敵ですね。

ところで、内野聖陽さんって難しい名前ですが芸名なのでしょうか・・・

読み方と検索する人も多くいるほどでした。

管理人も読めなかったので自分だけではなかったと・・・(笑)

 

そこで、内野聖陽さんの読み方、そして、身長や出身大学も凄かったのですが、演劇がさすがと言ってしまうほど、凄かったのでご紹介したいと思います!

Sponsored Link

 

 

内野 聖陽 プロフィール

内野さんのプロフィール紹介します。

★本 名:内野 聖陽(うちの まさあき)

★生年月日:1968年9月16日(48歳)

★出生地:神奈川県横浜市港北区

★血液型:AB型

★ジャンル:演劇・テレビドラマ・映画

内野さんの元妻は女優の一路真輝さんでした。
2000年の『エリザベート』で知り合い交際を続けて、2006年(平成18年)5月に婚約を発表。

7月末に一路と入籍

2006年10月末に女児が誕生。

しかし、

2011年(平成23年)8月18日、離婚届を提出したと連名のFAXにて発表されました。

 

なかなか、芸能人はすれ違いの生活も多くなり、上手く続かないパターンが多い気がしますね。

 

内野聖陽 読み方が気になる

内野聖陽さんの名前を見たときに何て読む??

と思っていました。

あまりにも難しいので、芸名かと思っていたら本名でした。

内野さんの世代では、かなり珍しかったのではないでしょうか。

読み方ですが、

 

本名読み 「うちの まさあき」

芸名読み 「うちの せいよう」

芸名で「せいよう」さんと読みます。

 

最初は、本名を芸名としていたのですが、2013年7月、生誕45周年を機に芸名の読み方を(使用する漢字はそのままで)デビューから長年続いた本名の「うちの まさあき」から「うちの せいよう」に改名されました。

でも一体なぜ改名されたのでしょうか・・・???

 

理由は

「『まさあき』と読めない人が多かったから」

 

だったようです。

改名するまでとなると、かなり間違えられてたのではないかと思いますね。

 

調べてみると、

内野さんのご実家は小机駅近くの曹洞宗臥龍山雲松院でした。

「聖陽」さんの名前が難しいのも関係している?かも・・・

どうやら、寺院の子息であることを、内野さん本人は嫌っているそうですね。

 

内野聖陽 身長は?

 

内野さんの身長ってどのくらいなのでしょうか

 

身 長:177cm

 

一緒に演じる役者さんによっても見方が変わりますが、思っていたより、背が高かく感じました。

 

 

◇ 177cmの主な芸能人

・宇治原史規
・浦田直也(AAA)
・織田裕二
・川田広樹(ガレッジセール)
・木梨憲武
・児嶋一哉(アンジャッシュ)
・とにかく明るい安村
・原田泰造(ネプチューン)
・横尾渉(Kis-My-Ft2,舞祭組)
・山本博(ロバート)

やや高身長といった感じですね。

しかし、内野さん世代にしてみるとかなり高い身長になりますね。

ネプチューンの原田さんは「しゃべくり777」で見ていてもかなり背が高く感じますし(笑)

 

内野聖陽 出身大学はどこ?

 

内野さんの出身大学がきになります。

 

世田谷学園中学校・高等学校 ⇒ 早稲田大学政治経済学部卒

なんと

早稲田大学政治経済学部

出身でした。

大学在学中は早稲田大学英語会 (WESS) に所属していたそうで、英語が得意だったと思われます。

◇ 早稲田出身の主な芸能人

・藤木直人
・市川 紗椰
・広末涼子
・北大路 欣也
・吉永小百合
・石田純一
・タモリ
・丸岡いずみ
・上田 晋也
・小島よしお
・箕輪はるか

調べてみると、結構以外の方も早稲田大学出身でびっくりしました。

あの、ハリセンボンのはるかちゃんもそうだったとは。

芸能界でも高学歴だと、上田 晋也さんのようにMCに引っ張りだこ状態なのがわかりますね。

 

◇ 演劇が凄かった

早稲田大学で演劇部に所属していた内田さん。

その演劇が普通ではなかったのにびっくりしました。

 

初めての演劇は

なんと・・・

英語劇だったそうです。

なんともすごいですね。

 

内田さんはイケメンなので、大学時代初期時代は、プレイボーイな役を演じることが多かったそうです。

しかし、一時期、演じることが嫌になり、大学2、3年は出演せず裏方にまわっていたとか。

その経過もあって、卒業間近に再び演じたいと思うようになり、

1992年(平成4年)、在学中に文学座研究所に入所したそうです。

同期にあの名女優である 寺島しのぶさん もいたそうです。

 

翌年に研修科1年となり、研修中はドラマの端役などで修行を積んでいき、現在の素晴らし演技につながっていると思います。

 

内野さんの素晴らしい演技に数々の受賞

 

◇ 受賞歴

1996年、第6回日本映画評論家大賞 新人賞 (「(ハル)」)
1997年、第20回日本アカデミー賞 新人俳優賞(「ハル」)
1998年、第33回紀伊国屋演劇賞 個人賞(「みみず」「カストリエレジー」「野望と夏草」)
1998年、エランドール賞 新人賞(日本映画プロデュース協会)
1999年、第6回読売演劇大賞 最優秀男優賞(「カストリエレジー」「野望と夏草」)
2004年、第30回放送文化基金賞 出演者賞(「蝉しぐれ」)
2004年、第44回モンテカルロ国際テレビ祭 ゴールドニンフ賞<主演男優賞> (「蝉しぐれ」)
2006年、第31回菊田一夫演劇賞(「ベガーズ・オペラ」「エリザベート」)
2009年、第6回ドラマ・オブ・ザ・イヤー 最優秀助演男優賞(「JIN ─仁─」)[11]
2016年、第39回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞「海難1890」)(引用元:内野聖陽Wikiより)

 

素晴らしい受賞歴でした。

迫力ある演技がとても魅力的ですね。

 

Sponsored Link

まとめ

今回は、内野聖陽さんの読み方や身長や出身大学での演劇についてご紹介しました。

バラエティー番組などの出演はあまりない内野さん。

大学時代に培った演技の実力が、人を惹きつける演技につながっていました。


 

これからも俳優として素晴らしい演技に期待ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 


 - 芸能ニュース