【札幌雪まつり】靴や服装は?おすすめ防寒グッツをまとめてみた!

   

雪まつり3

こんにちは~

今年の北海道の冬は雪が多くて、しかも、ものすごく寒い・・・年です。

日中でも最高気温が札幌でも-6℃だったりするので、場所によって夜は水道の水落としをして寝ないと凍結するくらいですね・・・

そんな寒い北海道ですが、いよいよ冬の一大イベントである「札幌雪まつり」が開催されます。

【関連記事】

詳細はこちらをどうぞ。
【札幌雪まつり2017】日程やゲストやイベント情報!アクセス方法も!

 

今回は、寒い冬の北海道にくる方のために、札幌雪まつり靴や服装情報!おすすめ防寒グッツをまとめてみました。
【会場情報】

・新千歳空港からのアクセス

JR新千歳空港 – 札幌間
片道、大人1,070円、小人530円
所要時間36分、午前8時台~午後7時台までは15分毎の発車

・大通会場までのアクセス
札幌市営地下鉄南北線、東西線、東豊線で大通駅下車すぐ

Sponsored Link

北海道での靴や服装はどんな感じ?

さて、北海道で一番寒い時期である2月。
雪まつりを十分楽しむためにも、服装には気をつけて会場に行きたいですね。

どんな服装で、どんな靴がいいかを自分の経験からご紹介したいと思います!


◇ 服 装 ポイント

・肌着はヒートテックが必需品

(寒がりの方は2枚重ね着してもOK)

・コートよりはダウンがオススメ

セータやタートルネックの服装で肌をできるだけ隠すようにしたほうがいい

・タイツを履くなら60~100デニール並みの方がいい

・ズボンの中にもスパッツなど履いていくと暖かい

・小さなお子さんはスキージャンバーが好ましい

小さいお子さんが遊べる滑り台などがあるので、スキージャンバーを着ていくと思い切り遊ばせられることもできます。

正直、本当に寒いです。

寒がりの人や初めての人はもっと着込んだ方がいいですよ。

今年は、例年より寒いので日中でもマイナス気温の可能が高いと思いますので。


◇ 

天気にもよりますが、寒いときは路面が凍結しています。横断歩道付近はかなり路面が凍結していることが多いのです。
雪が積もっているときは、逆に歩きやすいのですよ。

ポイントをまとめてみました。

・ヒールのない歩きやすい靴がオススメ

・ヒールの低いロングブーツや長靴系の靴もおススメ

・足元がかなり冷えるので靴下は多めに履くとよい

・靴下用のホッカイロを貼っていくといいですよ。

雪まつり会場はかなり滑るので、靴は歩きやすい靴に後ろには滑り止めがついていた方がいいです。
情報によると会場にも滑り止めが売っているようなので、凍結している時はつけると、全然違いますよ。

 

では実際どんな格好がいいか下記の服装をみるとわかりやすいでしょう。

◇ 服装の参考はこちら

content_photo_ content_photo_2

 

(出典サイト:北海道LIKERSより)

 

こんな感じで、寒さを調節できるように工夫することをお勧めします。

Sponsored Link

 

おすすめ防寒グッツは?

服装と靴のイメージがついたところで、あると便利なおススメ防寒グッツをまとめてみました。
■ おすすめ防寒グッツ

・手袋(必須)

・マフラー(必須)

・帽子(あれば暖かい)

・イヤーマフ(必要に応じて寒ければ使用)

・レッグウォーマー(必要に応じて寒ければ使用)

・ヒートテックの下着なら暖かい

・ホッカイロ

・テッシュ(寒いので)

・マスク(感染予防や顔を暖かくするのに)

あとは手が足が本当に冷たくなるので、ホッカイロを足に貼ったり、ポケットにいれて手を温められるようにできるといいでしょう。

こんな感じで、まとめてみました。

是非、参考にしてみてくださいね(^^♪

 

過去の雪像を一部ご紹介

2016年に管理人が札幌雪まつりに行った時の写真です。


FullSizeRender (7)
 


FullSizeRender (6)
 


FullSizeRender (9)
 


FullSizeRender (2)
 


FullSizeRender (3)
 


FullSizeRender (4)
 


FullSizeRender (5)
 

この年は暖かい年でしたが、それでも夕方になると歩いていて足が冷たくなってしまいました。

Sponsored Link

まとめ

いかかでしたが。
今回は、札幌雪まつりに行く時の靴や服装についてご紹介いたしました。
今年は例年になく、かなり寒いので、おすすめ防寒グッツもまとめてみました。

寒い北海道ですが、アツ~い一大イベントの札幌雪まつり

今年初めてという方や北海道の寒さをあまり知らない方は是非参考にしてみてくださいね。

当日は天気がいいことを願います。

 

暖かい服装で、ゆっくり楽しんでください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


 - 芸能ニュース