【箱根駅伝2017】創価大学の結果速報!総合優勝はここ!

   

 

こんにちは~
毎年お正月の楽しみの一つである「箱根駅伝」。

1月2日往路を終えて、いよいよ1月3日復路が始まりました。

創価大学が2度目の出場で往路第9位と大健闘の結果を出しました。

今回は、「箱根駅伝2017」創価大学の結果速報について中心にお伝えしたいと思います!

また気になる総合優勝についても中継で随時更新させていただきます。

Sponsored Link

往路結果状況

1月2日行われた、往路の結果は下記の通りとなっております。

 

1位 青山学院大学
2位 早稲田大学
3位 順天堂大学
4位 東洋大学
5位 駒澤大学
6位 神奈川大学
7位 中央学院大学
8位 上武大学
9位 創価大学
10位 日本大学
11位 帝京大学
12位 法政大学
13位 日本体育大学
14位 拓殖大学
15位 東海大学
16位 山梨学院大学
17位 明治大学
18位 大東文化大学
19位 國學院大學
20位 国士館大学

やはり、青山学院大学は強いですね~

今年も優勝候補として注目です。

創価大学はシード権獲得目指して、往路はいい結果で終わりました!

初のシード権獲得なるか!?

Sponsored Link

創価大学 結果速報

結果は随時更新していきます!

 

6区の結果

9位で出発した、作田将希選手(2年生)

・身 長:170cm

・体 重:55キロ

・決 意:区間10位以内です。持前の気持ちの強さを発揮して、シード権獲得に貢献したいです。

13位に落ちてしまったようですが、頑張って追い上げてほしいです。

14位で6区を通過しました。

 

※ 日本体育大学の秋山選手は13位から7位まで、追い上げた大健闘の結果をだしておりました。

 

7区の結果

14位で通過し、タスキを受け継いだ、古馬京介選手(2年生)

・身長:175cm

・体重:57キロ

・決意:初めての箱根駅伝ですが、他大学に引き取らないない走りをしたいです。個人では区間十位1桁に入りたいです。

 

必死の追い上げですが、現在14位から15位に落ちてしまっております。

わずか、14位との差は2秒なので、十分追い上げは可能でしょう。

 

8区の結果

15位でタスキを受け継いだ、米満怜選手(1年生)

・身 長:174cm

・体 重:57キロ

・決 意:どの区間を任されても、1桁順位でタスキをつなげれるようにコンデションを整えます。感謝の走りをします。

14位に追い上げてきております。

なんと、15位から12位に上がってきております

凄いです!!

11位との差は2分近くまで、縮まってます。

 

9区の結果

12位の大健闘で、タスキを受け継いだ、三澤匠選手(3年生)

・身 長:176cm

・体 重:66キロ

・決 意:目標であるシード権を決定付ける走りをしたいです。家族をはじめ、応援してくださっている方々に成長した姿を見せていきます。

10位のシード権獲得まであと、1歩まできております!

12位をキープして追い上げてきてます。

 

10区の結果

いよいよアンカーは、彦坂一成選手(4年生)

・身 長:176cm

・体 重:63キロ

・決 意:箱根駅伝が競技生活最後のレースになります。家族や監督・コーチ、共に汗を流してきたチームメイトのために全力で走り抜きたいと思います。

11位との差は3分近くですね・・・

12位からシード権目指して頑張って欲しいです!

創価大学 12位 

お疲れさまでした!

 


 

総合優勝はここ!

往路の優勝をした青山学院大学が、1位として出発しました!

このまま1位をキープできるか、注目されてるところです。

6区も2位とのかなりの差をつけて、1位をキープしております。

8区、9区も1位通過でダントツの強さを見せつけております。

いよいよ10区に突入! 1位の走りを見せております。

 

青山学院大学 ”総合優勝” 3連覇達成!  

おめでとうございます!

 

素晴らしい完璧な走りを見せてくれました!

【関連記事】

【青山学院大学】の原晋監督が凄い!名言や本についても紹介!

【青山学院大学】一色恭志の身長や体重は?高校や性格についても紹介!

 

Sponsored Link


 - スポーツ情報