柔道松本薫の兄弟や両親はどんな人?あだ名の野獣の意味が深かった!

      2016/10/26

matumot

こんにちは~

ロンドン五輪では柔道女子57kg級で見事金メダルを獲得

リオオリンピックでは、57キロ級銅メダルをを獲得した松本選手。

10月26日 嬉しいニュースが入ってきました!

松本薫(29)=ベネシード=が結婚することが25日、分かった。
関係者によると、お相手は料理人の一般男性。同じく元調理師だった松本の父・賢二さん(63)らにも顔合わせを済ませており、早ければ11月上旬にも婚姻届を提出するという。9月にテレビ番組で帝京大時代から8年間、交際している恋人の存在を告白。

(引用元:Yahooニュースより)

 

幸せいっぱいの松本選手。おめでとうございます

今回は、柔道松本選手の兄弟や両親はどんな人なのかとても気になったので調べてみました。
また、あだ名(愛称)が「野獣」と言われており、どんな意味でそのようなあだ名がついたのかも気になったので調べてみました!

 

【松本薫】 (まつもと かおり)

生年月日   :1987年9月11日 (28歳)
出身地   :石川県金沢市
身長/体重  :163cm/57kg
血液型   :A型
出身校   :帝京大学法学部卒業
所属情報  :ベネシード
階 級   :女子-57kg級
所 属   :ベネシード
段 位   :四段
主な五輪成績:12年ロンドン

Sponsored Link

松本薫 兄弟はいるの?

松本選手はなんと5人兄弟でした。

兄弟は兄と姉2人と弟がおり、松本選手は4番目です。

長男・芳央さん、
長女・順子さん、
次女・明子さん、
三女・薫さん、
次男・元大(げんた)さん。

ご両親が心身を鍛えるため、5人全員柔道を習わせていたそうです。

松本兄弟が通っていた柔道教室は金沢市内の岩井柔道塾で、松本さんもが6歳になる直前から通うことになり、そこから柔道の人生が始まったということです。

松本選手が柔道を始めたきっかけは、兄弟が既に柔道を始めていたことがきっかけとなったそうです。親の勧めで6歳になる直前に岩井柔道塾で柔道を習い始めました。

その時1つ年上の姉である明子さん実力者で中学時代に48kg級で優勝そうです

そのことがきっかけとなり、松本選手の心に火が付いたように練習に励み、翌年の全国中学校柔道大会では2階級上の52キロ級に出場して、見事優勝を果たしました。

どうやら、当時からかなりの負けず嫌いの性格ではないかとが感じられました。

 

松本薫 両親はどんな人?

5人の子供をもつご両親はどんな方なのでしょうか。

オリンピック金メダリストの両親となると柔道の関係の方なのでしょうか?

と思ったら、ご両親は柔道の経験はなさそうでした。

松本さんのお父さんは

「松本賢二さん」年齢62歳

ボクシング経験もある料理人で、中華料理店を営み家族を支えていたそうです。

現在は中華料理店を畳んで、民間の社員食堂に勤めているそうです。

 

松本選手のお母さんは、

「松本恵美子さん」年齢55歳

現在、お母さんの恵美子さんは早朝3時に起床し、ホテルの朝食会場で働いた後、夕方まで市場の海鮮丼屋で働く多忙な生活を送っているそうです。

 

そんな恵美子さんは、アクション俳優のブルース・リーにとても憧れおり、武道に関心をもっていたそうです。

剣道をやりたかったそうですが、用具代が掛かるので親から反対され、中学3年生でやっと剣道部入部できたそうです。

恵美子さんは学校から防具を借り、道着がないため体操服の上に着け、竹刀が血だらけになるまで練習していたそうです。

とにかく活発だったようで、男の子にも負けたくない精神をもって何事にも挑戦したと言われております。

どうやら、

薫さんも見事お母さんの血を受け継いだ感じでしょうね!

素敵な笑顔でご両親と一緒に写っている写真を見つけました。

松本両親

優しそうなご両親ですね。松本選手の素敵な笑顔が別人のようです。(笑)

 

しかし、心身を鍛えるために軽い気持ちで初めてた柔道だったようですが、5人のうち松本選手がすば抜けた才能があってオリンピックの金メダリストに成長するとは、当時は思っていなかったかもしれないですね~

運動神経抜群のご両親のようでした。

Sponsored Link

松本薫 あだ名の野獣の意味とは?

このあだ名ってとても気になりますね・・・

女性で「野獣」と言われて嬉しい人ってそんなにいないように感じます。
松本選手の小学生時代から、今の表情につながる感じがありました。
味噌蔵町小学校時代柔道の指導者であった岩井克良氏によれば
「表情がないし口数が少ない。黙って黙々とやるタイプで、勝ったって喜ばないで淡々としていた」と。

柔道の精神力はこのころからあったのかもしれないです。

また、ロンドンオリンピックの2012年10月5日には東京都にゆかりのある選手として東京都栄誉賞・都民スポーツ大賞を受賞したが、その際に都知事の石原慎太郎は次のように語っていたそうです。

「あなたの試合をテレビで見てオオカミ少女かと思ったけど、こうしてみると美人だね」「あれぐらい闘志を見せなきゃダメ。日本人もああいう顔を見せなきゃいけない」
(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E8%96%AB_(%E6%9F%94%E9%81%93))

 

その野性味あふれる顔つきや柔道スタイルから、一部のマスメディアによって「野獣」「野生児」というニックネームを付けられたと言われております。

 

そして柔道の試合までは女性を忘れると言う集中力はさすが、金メダリストと言うべきです!

「松本選手は、(試合の)1カ月前に女性であることを忘れて、縄文時代の狩りをする男だと思い込むらしいです。1週間前からは、自分が男性か女性かも忘れて、動物になって、動物と一体化した気持ちになって勝ちたいという本能を研ぎ澄ましていくらしいです」と熱く語った。

(参考サイト:http://mantan-web.jp/2016/07/23/20160723dog00m200005000c.html)

 

そんな「野獣」のあだ名がついている松本選手ですが、こんな一面もありました。

野獣は女子柔道の「美容番長」

普段は天然キャラの盛り上げ役だが、畳に立つと海外メディアに「アサシン」(殺し屋)と称される鋭い目つきに変化する。練習後は化粧水を多用。肌のお手入れもぬかりなし

(引用元:http://www.asahi.com/topics/word/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E8%96%AB.html)

やはり女性ですね~。

お肌のお手入れも手を抜いていませんでしたよ~

松本選手の柔道に対する精神力から周りからみると「野獣」にみえるためにこのようなあだ名がついたようでした。

 

 

松本薫 まとめ

松本さんについて調べてみましたが、柔道を始めてたきっかけが心身を鍛えるためだったのにはびっくりしました。

 

松本さんは現在、世界ランキングは1716ポイント獲得で6位の実力。(2016年8月現在)

<最近の大会実績>

・2016年2月 グランプリ・デュッセルドルフ 優勝

・2016年4月 選抜体重別 3位

 

リオオリンピックでは惜しくも2連覇は果たせませんでしたが、堂々たる銅メダルを獲得しました!

おめでとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link


 - オリンピック, スポーツ情報