大島僚太の身長と体重は?兄弟や静岡学園高校での評価について!

      2016/11/27

大島

こんにちは~

川崎フロンターレに所属しているU-22代表キャプテンの大島僚太さん。
甘いマスクのイケメン選手としても注目をされていました。

2016年から川崎フロンターレに在籍する日本人で初の背番号「10」を着けており、これからの活躍が期待されるところです。

今回は、大島僚太さんのプロフィール紹介で身長と体重について。
また、兄弟関係や静岡学園高校での評価について調べてみました

スポンサードリンク

 

大島僚太 身長と体重は?

大島選手のプロフィールをご紹介します!

【大島僚太】

★生年月日  :1993年1月23日(23歳)
★出身地    : 静岡県静岡市
★血液型   :AB型
★足のサイズ :26.0㎝
★在籍チーム : 川崎フロンターレ
★ポジション : MF
★背番号   : 10番
★利き足   : 右足
★スパイク   :ミズノ

大島選手の身長と体重は

★ 身長 168cm

★ 体重 64kg

 

身長はあまり高くないようですが、ボールテクニックが抜群で運動量も豊富なことから安定したプレーをする選手として活躍していました。

 

また、写真をみてもわかるように、かっこいいと評判でイケメン選手としてかなり注目されていますよ~

大島僚太 兄弟はいるの?

大島選手にお兄さんがいました。

サッカーを始めたきっかけは、兄と従兄弟がやっていたからだったそうです。

サッカー選手を見ても兄弟がやっていることが多く、どちらかと言えば長男は比較的優しい感じで、次男の方がガンガン攻撃できるパターンが多いようですね。

<代表的な次男のサッカー選手>

・三浦知良選手 次男
・中田英寿選手 次男
・川口能活選手 次男
・本田圭佑選手 次男
・岡崎慎司選手 時間
・清武弘嗣選手3人兄弟の次男

他にもまだいますよ!
一流アスリートには、次男や第2子が多いという話ですが、このような記事をみつけました。

「上の子は、下の子にとって偉大な存在です。『自分も早くああなりたい』という憧れとリスペクトを原動力に、下の子は育っていきます。一足飛びに大人のようにはなれないけれど、とりあえずの具体的な目標として、お兄(姉)ちゃんのようにはなれるかもしれない。そう思うにはぴったりの先輩なのです」

そして、成長し「追い抜きたい」という気持ちが芽生え、実際に上の子を追い抜いてしまうケースがとても多いのだという。

また、下の子の特徴として、「打たれ強い上にあっけらかんとしたところがあるので、立ち直りは早い」といった面や、「興味のないところには努力しきれない」「自由に生きすぎて、たまに突拍子もないところへ行く人も」いると書かれている。

(参考サイト:http://dot.asahi.com/dot/2015011600011.html)

やはり日本のサッカー選手も次男が多くいる理由がわかりました。

 

<大島選手はこんな一面も!>

家族からはそのままの名前で「りょうた」と呼ばれており、尊敬する人は「両親」と答えるいることから、とてもいい家庭環境なのがわかりました。

笑顔が可愛い大島さんはの性格は恥ずかしがり屋で、かなりの人見知りのようでした。

 

好きな女性芸能人は 新川優愛さん !

新川

新川さんは本当にスタイルもいいし、笑顔が素敵ですよね~。

新川さんは2010年に「ミスマガジン2010」でグランプリを受賞。その後テレビ・CM・舞台一気に活躍されているの女優さんです。

身長が166cmもあり、「股下80cmの8頭身美女モデル」として女子中高生たちの絶大な人気を集めています。

そんな新川さんの魅力に惹かれたんでしょうね(笑)

 

また、大島さんはこんなかわいい一面もありました。

コンビニに行くとついつい買ってしまうものは「お菓子」だそうです。

その中でも好きなお菓子は「チョコレート」が好きで買ってしまうそうですよ。

甘いもの好きなんですね。

チョコレートが好きなアスリートでは、日本の体操界のエース内村航平選手がチョコレートに目がないようですよ。野菜は食べないが、チョコレートは食べるという話もあるほどでした。(笑)

スポンサードリンク

 

大島僚太 静岡学園での活躍が評価!

大島さんは小学校からサッカーをしていましたが、中学、高校では活躍もいまいちだったようです。

しかし、2010年にレギュラーとして初めて出場する事となった全国大会で転機が訪れました。

この全日本ユース選手権で、サッカーの名門である青森山田高等学校や名古屋グランパスU-18、横浜F・マリノスユースを下し、静岡学園高校をベスト4に導くことができました。

この大会での活躍が評価され、当時高校卒業後は大学進学の予定でしたが、大会での活躍がスカウトの目に留まり、11月に入って急遽川崎フロンターレの入団が決定したそうです。

2016年5月26日、キリンカップサッカー2016に出場するサッカー日本代表に初選出され、またリオオリンピックの代表選手としても選出され期待されております。

 

<代表歴>

・U-18日本代表 AFC U-19選手権2012 (予選)
・U-19日本代表 AFC U-19選手権2012
・U-21日本代表 AFC U-22アジアカップ2013(怪我のため辞退)
・仁川アジア大会2014
・U-22日本代表 2015年 - AFC U-23選手権 (予選)
・U-23日本代表 2016年 AFC U-23選手権2016
・2016年 トゥーロン国際大会
・2016年 キリンチャレンジカップ
・2016年 リオデジャネイロオリンピック
・日本代表 2016年 キリンカップサッカー2016

 

大島僚太 まとめ

今回リオオリンピックの代表選手としても活躍が注目されていました。
ブラジルと国際親善試合(7月31日)でも大島さんの活躍は評価されておりました。
後半から交代した大島さんは

最終ラインからボールを引き出し、ポゼッションを挽回。
ブラジルがペースを落としたエクスキューズはあるとはいえ、FWの興梠慎三に収まる場面や、同じく途中出場の浅野拓磨が裏のスペースに飛び込む、“狙いとする”形がわずかながら見られるようになった。

(参考サイト:http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160731-00017823-sdigestw-socc)

この活躍で手倉森監督もこのようにコメントしていました。

「(大島は)スムーズに試合に入ってくれた」と評価すれば、最前線で孤立する時間帯が長かった興梠も、「後半、大島くんが入って結構パスが回るようになった」と背番号8のプレーをブラジル戦の収穫に挙げる。

(参考サイト:http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160731-00017823-sdigestw-socc)

今回のリオオリンピックでのグループリーグ突破のキーマンは背番号「8」の大島選手とまでも言われておりました。

若手である大島選手の世代がこれからの日本代表サッカー選手の中心として活躍していくことに期待しております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 


 - オリンピック, サッカー関係, スポーツ情報