大阪城公園ウォーターパークの入場料や前売り券情報!期間はいつからいつまで?

      2017/07/19

大阪城公園ウォーターパーク

大阪
こんにちは~

いよいよ2017年の夏も近づいてきましたね。

夏は、海にプール、花火大会など・・・楽しいイベントが沢山ありますね。
1年間の内でも一番楽しめる季節ではないでしょうか。

学生の皆さんは夏休みが今から待ち遠しいでしょうね。

夏のイベントの一つとして、
今回ハウステンボスが初の「大阪城ウォーターパークbyハウステンボス」を開催することになりました。

大阪城公園ウォーターパークとはどのようなイベントなのか?
また、期間はいつからいつまで開催しているか、入場料や前売り券の情報などもご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

大阪城公園ウォーターパーク とは?

大阪城公園の一角が“水の王国”に変身し、大阪城を背景に泳いだり滑ったりできるイベントですよ。

イベントは、ハウステンボスの夏のメインコンテンツでもある「水の王国」を大阪城公園で実施します!

多様なウォータースライダーやプールが登場し、家族連れやお友達など子供から大人までが十分楽しめることができるイベントとなっています。

 

会場には楽しめるイベントも!

約150メートルもの直線を滑走する関西初の
“ウォーターロングスライダー”

13

 

日本初の勢いよく滑って空中へジャンプする
“ジャンピングスライダー"

11

 

他にも、本物の雪で遊ぶ“スノーパーク”や“世界のビール祭”が同時開催。

 

スノーパーク子供が喜び
15

 

世界のビール祭り大人喜び、

14

大人と子供が十分楽しめるようになっていますね。

 

大阪城公園ウォーターパーク 期間はいつからいつまで?

 

<開催期間>

2017年7月15日(土)から8月31日(木)まで。

 

1ケ月半くらいの開催期間ですね。

夏休み中の開催となっているので、土日の天気のいい日はとても混雑する事が考えられます。

 

<営業時間>

営業時間:10:00~18:00

 

「世界のビール祭」

営業時間:11:30~21:00

こちらは営業時間が違うので注意してくださいね。

お酒なので、遅くまでやっているのが嬉しいですね。

ゆっくりプールで楽しんで、あとはビールを楽しむのもいいですね。

 

<会場場所>

会場:大阪城公園 大阪城ホール横

※最寄駅 JR環状線 大阪城公園

 

【他のプール情報】

★毎年人気の「ナガシマスパーランドプール」

ナガシマスパーランドプール情報はこちらから

★花火大会も楽しめる「ラグナシナプール」

ラグナシアプール情報はこちらから

 

大阪城公園ウォーターパーク 入場料は?

 

・ウォーターパーク入場券+ロングスライダー(2016年版)

1日入場券 1日フリーパス
大人(高校生以上) 1,600円(早割1,500円) 2,000円(早割1,900円)
子ども(3歳~中学生) 1,000円(早割900円) 1,400円(早割1,300円)

 

<1日入場券>
(ウォーターパーク利用フリー+ウォーターロングスライダー利用1回)

<1日フリーパス>
(ウォーターパーク利用フリー+ウォーターロングスライダー利用終日フリー)

 

※8月11日~15日は特定日営業

上記の料金から大人+400円、こども+300円となります。

1日入場券 1日フリーパス
大人(高校生以上) 2,300円(早割2,200円) 2,400円(早割2,300円)
子ども(3歳~中学生) 1,300円(早割1,200円) 1,700円(早割1,600円)

スポンサードリンク

大阪城公園ウォーターパーク 前売券はある?

今回、前売り券(早割)が用意されておりました。

前売り券購入で、上記の入場券の金額から100円引きになります。

購入期間は下記のようになっております。

 

■ 8月11日~15日まで入場 ⇒ 購入期日8月10日 23:59まで

■ 8月16日~31日まで入場 ⇒ 購入期日8月15日 23:59まで

 

 

 

詳しい内容は ⇒ こちらで確認してください

 

<購入方法>

 

・ハウステンボス公式オンラインショップ

WEB購入はこちら

 

・ローソンチケット

(WEBサイトまたはローソン店内Loppiでご購入できます)

ローソンWEB購入はこちら

 ・ローソン店内Loppiでご購入

Lコード
【Lコード53501】

詳しい内容は ⇒ こちらで確認してください

 

【詳細】
「大阪城ウォーターパークbyハウステンボス」

【問い合わせ先】
総合案内ナビダイヤル
TEL:0570-064-110

大阪城公園ウォーターパーク まとめ

今回初のイベントなので、とても注目されていました。

暑い夏は、海にプールにと思う存分楽しみたいですね。

この「大阪城ウォーターパークbyハウステンボス」はプールの他にも嬉しいイベントがあり、交通機関を使っていけば、プールが終わったあとにビールを飲んで帰ることも。

2回の楽しみがありますね。
時間もゆっくり朝から行って、夜まで楽しめるでしょう。
しかし、プールにビールなんてとても最高なんですが、飲みすぎには注意が必要です。

以外にビールなどアルコールを飲みすぎると脱水症状になりやすいとか。

そう考えると飲んだ翌日って、無性にのどが渇きませんか?

このような情報をみつけたので、ご紹介します。

 

熱中症になって一番危険なのは「脱水状態」に陥ることですよね。

脱水症状になると「意識消失」「熱性けいれん」「嘔吐」「発熱」などの症状をきたし、
最悪の場合、命を落としてしまうとても危険な状態です。

ビールなどのお酒に含まれるアルコールには脱水作用があります。

ビールは酒類の中ではアルコール度数が低い方ですが、冷たくして飲むため
自律神経を刺激して、他のお酒よりも早く尿意を覚えるという特徴があります。

このビールの特徴が実に厄介なくせ者なのです。

勢い付いてビールを飲み過ぎると、飲んでいる量よりも大量の水分が
尿として放出されるため、結果として脱水状態に陥りやすくなってしまいます

特に冷たいビールは、暑い場所で飲むほどにおいしく感じてしまうもの。

こうして飲み過ぎて酩酊することで、意識が薄れてしまい、
室温の管理を怠りがちになり、更に危険な状態になることもあります。

生活習慣病の予防という観点からもビールの適量は中瓶で2本までとされています

(参考サイト:http://熱中症情報.com/cont2-14.html)

暑いからと言って、飲みすぎには気をついけないといけないですね。

ちょっと豆知識でした。

夏休みに家族やお友達でぜひ楽しんでみていはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


 - 話題、イベント情報