リポビタンDの効果は寝る前がベスト?飲む時間や成分を知れば効き目倍増!

      2017/05/27

「リポビタンD」の効果

リポビタン

こんばんは~

年齢のせいかもしれないですが、最近寝てもなんだか疲れがとれなくて困っています。(汗)

仕事などで体力を使った後なんてずっと、繰り越す疲労感が残っている感じで・・・

 

そんな時、近くのコンビニに行くと色々な種類の栄養ドリンクがあってどれがいいのか迷ってしまいます。

女性用向けの栄養ドリンクがあったり、値段も安いのから高いものまで・・・

最近は本当に多くの種類が出てきました。

 

栄養ドリンクで古くからあるのは ”リポビタンD” ですね。

 

今回は、リポビタンDの効果について調べてみました。

 

Sponsored Link

 

人気のあったCM紹介

 

よく放映されていた ”リポビタンD” CMがとても印象的でした。
その中でも

ケインコスギさんと滝川英治さんが、

足場のない断崖絶壁から落ちそうになる仲間を必死に救うシーンは一番感動的なCMでしたね。

 

<当時のCMはこちらです>

 

この過酷なシーンは、どうやって撮影しているのか本当に疑問なくらいですね。

たしか、当時の俳優さんが「実際に現場で撮影して、本当に大変だった」とテレビで話していたのを見た記憶があります・・・

 

体力を使う時には ”リポビタンD” がいいと言ってしまいそうなくらいですが、この栄養ドリンクの効果っていつ飲むのがいいのか知っていますか

 

寝る前はに飲んだら、効果があるのでしょうか・・・?

 

そんな疑問と ”リポビタンD” の成分も含めて調べてみました。

 

リポビタンD 効果とは?

 

リポビタンDの効能・効果を調べてると下記の状況の時に効果あるようです。

 

☆肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害
発熱性消耗性疾患などの場合の栄養補給

☆滋養強壮

☆虚弱体質

 

上記の効果内容とCMでも言っていたように、肉体疲労時の栄養補給、簡単に言うと

「体力を消耗した後」

に 飲むとことで効果が発揮することができるドリンクと言うことでした。

 

効果を確認すると、肉体疲労もそうですが、病中病後や食欲不振や栄養が取れない時などにも効果あるそうです。

体調崩した時にも、リポビタンDを飲むと効果あるという事ですね!

 

 

リポビタンD 飲む時間はいつがいいの?

リポビタンDは「体が疲れたときに飲むもの」という事がわかりましたが、飲む時間はいつがいいのでしょうか。

 

朝? 昼? 夜?

 

疲れた時って仕事が終わった夜のイメージですよね。

 

では 夜の寝る前がいいのでしょうか・・・・
調べたところ

成分のところでも詳しくでてきますが、リポビタンDにはカフェイン50mg入っています。

カフェイン50mgというのは、実は100ml中でいうとレッドブルやバーンよりも多い数値なんです。

なんと、眠気覚ましにも最適という事がわかりました!

 

疲れを解消してくれる成分タウリンも入っているので、

疲れている朝に飲むのが、もっとも最適と言うことがわかりました。

 

と言うことで、寝る前に飲むと眠れなくなるので、おススメできないです。

 

結論、リポビタンD の飲む時間帯は

 

「疲れた朝に飲むのが効果的」ということです。

 

Sponsored Link

 

リポビタンD 成分がすごい!

では、リポビタンDの成分にはどのようなものが入っているのかを調べてみました。

 

●成分 100mL中

タウリン 1000mg
イノシトール 50mg
ニコチン酸アミド 20mg
チアミン硝化物(ビタミンB1)  5mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2)  5mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 5mg
 無水カフェイン 50mg

添加物:白糖、D-ソルビトール、クエン酸、安息香酸Na、香料、グリセリン、バニリン

 

★主成分のタウリンは

「含硫アミノ酸」という栄養成分の一種で、心臓や骨格筋、肝臓、脳、肺、目の網膜、神経など臓器や組織に分布。その量は身体の0・1%を占めるタウリンが私たちの生命活動に欠かせないエネルギーの産生や各種代謝に関与していると言われています。

 

リポビタンシリーズは効率的に栄養素をエネルギーに変換する、「エナジーサイクル」に作用しています。

エナジーサイクルとは、3大栄養素である糖質・脂質・たんぱく質を、生命活動に必要なエネルギーに変換するシステムのことです。

(大塚製薬製品カタログサイトより )(出典元:http://www.catalog-taisho.com/00347.php)

 

なんだかちょっと難しいような気もしますね・・・

もっとわかりやすい説明がありました。

人間の体を車にたとえると、

ビタミンはエンジンの働きを円滑にする潤滑油の役割を果たします。糖質や脂質、タンパク質などのエネルギー源をしっかり摂っても、ビタミンが不足するとこれらを十分に体内で活用できず、車を走らせることができないのです。エネルギー源の活用を左右し、エナジーサイクルを円滑にするビタミンは、体の発育や成長、健康の維持に欠かせない栄養素といえます。

(出典元:http://www.taisho.co.jp/lipovitan/lipod/about.html)

 

体力が消耗した体に不足した栄養を ”リポビタンD” で補うことができるという事ですね。

 

【おすすめ記事】

疲労の原因や回復する方法を徹底調査!○○が効果的な理由について!

 

まとめ

 

いかがでしたか

リポビタンDの効果や寝る前には飲まない方がいいという事がわかりました。

 

効果的な飲む時間は 疲れている朝が一番効果的でした。

 

ちょっと怠いと感じた朝などに飲むと、目覚めもよく頭も働いてくれるなんて試さない手はないです。

 

疲れた体の栄養補給に ”リポビタンD” を飲んで疲れた身体を回復させてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

まとめて買っておくと便利!

 

 

【合わせて読みたい記事】

チョコラBBリッチセラミドいつ飲むのいい?成分や効果とカロリーも!

アリナミンVの効果は寝る前がいいの?副作用に注意して効き目倍増!

 


 - 健康・美容, 話題、イベント情報