情熱大陸に水野祐弁護士が出演!出身大学や事務所の評判なども紹介

   

【情熱大陸】 5月1日放送 23:00~

毎回人気の番組【情熱大陸】

5月1日放送に弁護士の水野祐さんが出演されます。

予告では、”クリエイターの 自由を守り、表現を加速させる異色若手弁護士”

番組の内容としては

法整備が追いついていない3Dプリント関連企業からの相談や大手建設会社を相手取った訴訟の様子、クリエイター向けの無料相談活動などに密着し、異色の若手弁護士が見つめる未来についての内容として放送される予定になっております。

 

水野さんの仕事ぶりについて放送されるので、これからどんどんと注目される弁護士の一人のなることなるでしょう。

今回は、注目の ”異色若手弁護士” 水野さんについて調べてみたいと思います。

Sponsored Link

水野祐弁護士 出身大学

水野

写真をみてみると個性的な方で、一見弁護士には見えない雰囲気をもっている感じがしました。

 

【プロフィール】

水野 祐>

★出身地:神奈川県生
★生年月日:1981年(35歳)(残念ながら西暦しかわかりませんでした)
★出身大学:慶応大学法学部出身
★一児の父

★2008年司法試験合格
★2013年「シティライツ法律事務所」を開設し代表を務める
★クリエイティブコモンズジャパン理事
★Arts and Law代表理事、
★Creative Commons Japan理事
★慶應義塾大学SFC研究所所員
★FabLab Japanなどにも所属

著作には、
『クリエイターのための渡世術』、
『オープンデザイン 参加と共創からはじまるつくりかたの未来』。

連載には、
『法のデザイン インターネット社会における契約、アーキテクチャの設計と協働』
などなどがあり、かなり多忙な日々を送っている生活のようです。

また、数々の理事も務めていしゃいました。
若いのにすごいです。
水野さん出身大学は

慶応大学法学部出身

でした。

なんと水野さんは中学時代にサブカルチャーにハマってしまい、
大学では法学部に在籍しつつもバンド活動や自主映画製作を楽んでしたそうです。

たまたま触れたクリエイティブコモンズの提唱者の本に強く心を惹かれて、クリエイターを法律家の立場から支援することを思い始めるようになったそうです。

現在は「シティライツ法律事務所」の代表として活躍されております。

現在テレビでも弁護士の活躍が多くみられるようになった現在、水野さんの「シティライツ法律事務所」のどのような分野で活躍されているか注目されているところです。

次に「シティライツ法律事務所」の評判などをご紹介したいと思います。

Sponsored Link

水野祐弁護士 事務所の評判

「シティライツ法律事務所」

事務所の名前は、知や文学の発祥の地である
サンフランシスコ「City Lights Books」に由来しているそうです。

昨今の表現活動は、インターネットの登場により、法的なグレーゾーンがかなり広まっている時代になりました。
しかし、こうした新時代の法律問題に対処できる弁護士はまだ少ないそうです。

そういったクリエイター目線に立って、その文化的背景を法律にはめ込む仕事ができるのは「水野弁護士くらいではないか」というくらい、この分野にはなくてはならない存在の一人として注目されています。

弁護士を依頼する側にしても、どの分野に強いのか?・評判はどうなのか? はとても重要なところではないでしょうか。

現在、シティライツ法律事務所には水野さん含めた3人の弁護士が在籍されております。

 

実は水野さんはもともとは編集者になりたかったようで、最初から弁護士になりたかった訳ではなかったそうです。

僕の場合は、弁護士になろうと思ってなったわけじゃなくて、カルチャーを支えるとか、そこに関わっていきたいというのが最初にある人間なので。前の事務所では、企業法務とかをバリバリやっていて、まぁ今も会社の法務がほとんどですけれども、最終的にやりたいことは、日本のカルチャーを世界に持っていったりとか、新しいカルチャーをつくっていく人や会社を応援したいという想いは非常にあるので。だから弁護士じゃなくてもいいとも思っているところもありますね

出典:http://ginza-talksalon.com/guest/tasuku-mizuno/2/

 

話題になった実績として「Chim↑Pom」というアーティスト集団の刑事事件がありました。その弁護をやった時のことをこのように語っていました。

 

「アーティストが何かやったときに、そのトラブルの解決っていうのは、弁護士の醍醐味の一つというか、よく皆さんが弁護士に求めてる弁護士像に割とぴったり合うものだと思うんだけれども。僕の仕事としては、どちらかと言うと、何か起こった後じゃなくて、起こる前にいろいろこう契約書を作るとか、そのプロジェクトをうまく進行させるとか、スムーズに進んでいくように道筋をつけるとか、そういう仕事も多くて。そっちの方の仕事で、一番印象に残ってるのは、僕が顧問をやっているRhizomatiksっていう会社が、Perfumeっていうユニットの音楽とか、モーションデータとか、振り付けのデータとか、あとは彼女たちのボディースキャンデータや3Dスキャンデータとかを、世界中のユーザーやファン、クリエイターに無料で配布して盛り上げるというプロジェクトをやって、カンヌの広告賞とかをいただいたりもしたんですけれども。それの法的なリーガルのライセンスのデザインとか設計とかというのをさせてもらった仕事は、そこに弁護士が関与し得るんだってことを周知してくれたプロジェクトだったかもしれないですね。」
出典:http://ginza-talksalon.com/guest/tasuku-mizuno/2/

このような仕事をされている水野さんにとても興味を抱いてしまいました。

自分の得意分野で仕事をされている水野さん、そして「シティライツ法律事務所」の評判は
Facebookでも600件ちかい「いいね」がありました。

ネット上で評判について調べてみましたら、口コミなどは見当たりませんでしたが、
仕事の情熱については、とても素晴らしい方だと感じたので、これからいい評判も多く聞けるのではないでしょうか。

水野祐弁護士 まとめ

管理者自信も今回情熱大陸に出演するという事で初めて水野祐弁護士について知ることができました。
これから、新時代に向けてこのような分野で活躍できる弁護士が必要となってくることは間違えないでしょう。

【情熱大陸】 5月1日放送 23:00~

水野さんの仕事ぶりが見れるので、楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link


 - ドラマ・テレビ情報, 話題、イベント情報