竹野内豊ドラマ「グットパートナー」感想や評価!松雪泰子が綺麗!

   

グットパートナー

竹野内豊主演ドラマ「グットパートナー」
4月21日 21:00~

グッドパートナー 無敵の弁護士

竹野内さんは企業法務を扱う弁護士という役柄。

竹野内さんの元妻でありビジネスロイヤーとして活躍する女性役に松雪泰さんが。

お互い弁護士であり、元夫婦という複雑な関係がこのドラマの一つの見どころになっておりますね。

“企業法務”とはビジネス上の契約や交渉の支援やコンプライアンス関連など企業活動にまつわる法律業務のこと。

第1話 「著作権侵害訴訟」 がテーマとなったストーリーです。

第1話の感想と評価をご紹介したいと思いまう。

また、松雪泰子さんが綺麗との声が多くでていたののでご紹介したいと思います。

Sponsored Link

グットパートナー 感想

※この内容にはネタバレも含まれています。

<あらすじ>

とある朝、お洒落なセレクトショップを物色するひとりの男――咲坂健人(竹野内 豊)は『神宮寺法律事務所』の敏腕パートナー弁護士。

彼は出勤前の時間を使い、顧問先企業の社長へのプレゼントを選んでいた。
その頃、『神宮寺法律事務所』には新人弁護士の熱海優作(賀来賢人)が着任。
ボスである神宮寺一彦(國村 隼)から、教育担当となる弁護士を告げられる。

『神宮寺法律事務所』には咲坂のほかに、夏目佳恵(松雪泰子)、猫田純一(杉本哲太)というふたりのパートナー弁護士と、それぞれ彼らについているアソシエイト弁護士の赤星 元(山崎育三郎)と城ノ内麻里(馬場園 梓)、そしてパラリーガルの九十九 治(大倉孝二)らが所属している。

熱海は咲坂のもとで弁護士としての実践業務を学んでいくこととなるが、出勤した咲坂はどこか不満そうな態度をとるのだった。

そんな咲坂に、マミーデザインという会社の社長・重国夕子から著作権侵害訴訟の弁護依頼が舞い込む。

広告代理店最大手の帝都広告からの発注で、ある清涼飲料水のキャラクターデザインを作成したものの、スポンサーのイメージに合わないという理由でデザインはボツに。
数カ月後、別件で依頼のあった地方の町おこしイベントのキャラクターにそのデザインを使用したところ、帝都広告から著作権侵害で訴えられたという。

損害賠償金として一億円を請求されたと語る重国。
両社の間には正式な発注書が交わされており、その書面上には「キャラクターデザインの著作権は帝都広告に譲渡する」という旨の文章が記載されていた…。

圧倒的不利な状況ではあるものの、帝都広告の代理人である『岬&マッキンリー法律事務所』の顧問弁護士の不誠実な態度に咲坂は、神宮寺に「マミーデザインにはビタ一文払わせません!」と全面的に争うことを宣言。

『岬&マッキンリー法律事務所』を目の敵にしている神宮寺は、佳恵と猫田に咲坂をサポートするよう指示し、総力戦で絶対に勝利をモノにするよう命じる!

帝都広告からの訴状に目を通した佳恵と猫田は「勝ち目なし」と口を揃える。

「俺は降りる」とサポートを放棄した猫田に対し、佳恵は継続を表明。
だが咲坂が密かに考案していた反撃作戦を聞いた佳恵は、そのあまりに無謀な案に絶句する…!

<感 想>

咲坂健人(竹野内 豊)と 夏目佳恵(松雪泰子)が元夫婦ということで、お互いダメな部分がでてくると言い争いになっていましたが、なんだか12年間夫婦をやっていたということで最終的には佳恵が健人の味方になって協力していました。
弁護士という人助けの仕事にお互い生きがいを感じている2人なので、仕事のパートナーとしてはとてもいい関係ということなのでに、夫婦では意見が食い違うとお互い譲れない部分が離婚の原因に繋がったって感じですね。

咲坂と佳恵の言い争いがなんだか、夫婦げんかの延長みたいでしたね。

咲坂がいつも冷静でいるので、その態度をみて
「この顔でだまされた」と佳恵が言ったときはウケました(笑)

咲坂は弁護士としては、行き当たりばったりのようでしたが、ちゃんと考えて物事を進めていたところは素晴らしいかったです。

次回の楽しみです。

グットパートナー 評価

第1話のネット上の評価もなかなか好評でした。

面白かったとの声が多くでていました。

久々に竹野内さんのドラマでしたが、やはりかっこよかったですね。
弁護士役なので髭も剃っていましたが、なんだかこっちの方が若々しくてカッコよかったですね。

Twitterの声もご紹介したいと思います。

 

<Twitterの声>

 

《関連記事》

竹野内豊が初の弁護士ドラマに!共演の元妻役松雪泰子との仲は? 

グットパートナー 松雪泰子

元妻でありビジネスロイヤーとして活躍する女性役に松雪泰さん

40代になっても変わらないくらい綺麗でしたね。
そう思っていたのは、管理人だけではなかったですね。

ネット上でも、好評でしたのでご紹介したいと思います。

見逃した方へ
配信が動画配信サービス・ビデオパスにて4月21日24時よりスタートするそうです。

次回は4月28日 21:00~

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link


 - ドラマ・テレビ情報 , ,