月9ラヴソング第1話の感想と視聴率!藤原さくらの吃音と歌唱力が話題

      2016/04/19

月9ドラマ「ラヴソング」福山雅治主演

福山さん演じる元ミュージシャン・神代広平が美しい歌声を持つ佐野さくら(藤原さくら)と出会い、人生の希望を取り戻す感動のラブストーリー。

ラブソング

初回第1話は30分延長放送でした。

ヒロイン役の藤原さんは吃音で悩んでいる役柄でした。
観ていて気持ちがとても伝わってきて、頑張れと応援してしまいたくなりましたね。

では、気になる第1話の感想と視聴率
そして、今回は新星の藤原さくらさんの歌唱力と歌が話題になっていたので、ご紹介したいと思います。

 

 

「ラヴソング」の関連記事です。
合わせてこちらの記事も一緒に読んでみてくださいね。


【関連記事】

月9ドラマ福山雅治主演「ラヴソング」!相手役とキャスト紹介!

藤原さくらの父や高校時代がすごい!石原さとみに似てる画像も

Sponsored Link

ラヴソング 第1話の感想

神代広平(福山雅治)は元プロのミュージシャン。
現在は週に数回で臨床心理士をしていますが、なんと私生活がヒモ生活という・・・びっくりな役柄でした。
持ち前のルックスを活かして女性の家を転々して、そろそろ潮時と感じた女性に別れを告げ、少ない荷物とギターケースを担いで出て行きました。

 

最初の場面はなんと福山さんがラブシーンからでした。
びっくりした方も多かったのでは、ないでしょうか。

管理人の私もおお・・・・・っとって感じでしたね。(笑)

 

佐野さくら(藤原さくら)は、大型車販売店の整備工場で整備補助として勤務。
愛想は良いのだが、まともな返事が出来ない。

上司の滝川文雄(木下ほうか)に、いつも注意されている状態でした。

ここでは、まだ佐野さくらが吃音で悩んでいることはわからなく、なんで返事しないの・・・???
って感じでイライラしてましたね。(笑)

神代は企業カウンセラーとしてこの会社に週2日で勤務していた。

上司の滝川文雄が手に負えなくなり、佐野さくらを神代のところへ、連れていき2人の出会います。

正直なところ、恋愛に発展するには歳が離れすぎているので、どのように展開していくのか期待ではありますね。

親友である中村真美(夏帆)が登場して、あまりにも綺麗でちょっとびっくりしました。

さくらの幼なじみであり、さくらに恋心を抱いている天野空一(菅田将暉)も登場。
いままでの菅田さんとは違って、ボサボサな髪形でした。
でも、さくらを思う気持ちが強くてもとてもかっこよかったですね。

さくらは吃音でなかなかコミュニケーションを取ることができなく、悩んでいます。
そんな時、新入社員の歓迎会で幹事をまかされ、居酒屋に予約すること実は大変なことで、電話をなんどもかけるが伝えられなくて切ってしまいます。

最後には、居酒屋に直接言ってやっとことで予約を取るとこまでこぎつけました。

しかし、他の女性社員が他のお店がいいとの話になって、なんとキャンセルすることに。

見ていてとても切なくなってしまいました。

神代もさくらの状況を踏まえた上で、言語聴覚士(水野美紀)を紹介して、合わせる。

話すのが苦手なさくらであったが、話していくうえで歌が上手いことがわかる。

ドラマ「ラヴソング」というだけあって、歌を通しての恋愛ドラマになっていく展開が楽しみですね。

第2話も期待できそうです。

<ネット上での声>

色々な評価がありましたが、初回の第1話は面白かったと思いますね。

Sponsored Link

ラヴソング 第1話の視聴率

気になる初回放送第1話の視聴率はどうだったのでしょうか


第1話の視聴率 10. 6%  

2桁の視聴率からのスタートでした。

これからどのようなドラマの展開かとても気になるので、視聴率も上がってくれるといいですね。

今回は裏番組に「月曜から夜ふかしSP」の2時間スペシャルがあり、ドラマは後からゆっくり録画でみてと考えて、視聴率はかなりそちらにも流れた可能性もあったかもしないですね。

ラヴソング 藤原さくらの吃音と歌唱力

藤原さくらさんの吃音で悩んでいるとは、最初はわからずに見ていましたが、ネット上でも同じ悩みを持っている人はとても共感されていました。

吃音症(きつおんしょう)
言葉が円滑に話せない疾病、または障害。
「発語時に言葉が連続して発せられる」、「瞬間あるいは一時的に無音状態が続く」などの症状を示します。

とう言う障害の役でした。

ドラマ初でこの難問は役は大変だったと思いますが、頑張って演じていいましたね。

なんだか見ていて、とても応援したくなりました。

<歌唱力が凄かった>

さすがシンガーソングライターといった素晴らしく透き通った声が虜になるほどの歌唱力でした。

これから、ドラマの中でもどんどん歌ってほしいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link


 - 芸能ニュース