黒柳徹子の気になる年齢とは?体調管理の秘訣や持ち病などあるのか?

   

Sponsored Link

2015年 今年最後の恒例番組である「紅白歌合戦」

先日、司会者と出演者が発表されました。

2015年の司会者は

紅組司会に綾瀬はるかさん、

白組司会にV6井ノ原快彦さんに決定

NHKで番組で司会を勤めているV6井ノ原快彦さんが抜擢され、
癒し顔の安心感を与える井ノ原快彦さんと
天然キャラのの綾瀬はるかさんの司会が期待されますね。

そして、

総合司会に

黒柳徹子さん

有働由美子アナウンサーが務めると発表されました。

「徹子の部屋」でも元気な姿を見せてくれている黒柳徹子さんですが、長時間の生放送である"紅白歌合戦" の総合司会は大丈夫なのかと私自身思ってしまいました。

同じくそう思う方も多いのではないしょうか。

黒柳

そこで、
黒柳徹子さんの年齢や体調管理の秘訣や持ち病など
気になるところを調べてみたいと思います。

黒柳徹子 年齢

今回総合司会者として黒柳徹子さんが発表され、年齢も公表されていました。

黒柳徹子さんの年齢は

1933年8月9日生まれ

82歳

と言われています。

世間一般で82歳の年齢になると、高齢世代になり健康な方もいますが、ほとんどが付き添いが必要な年齢となってきています。

同世代から見てもきっと若々しくいる黒柳さんの体調管理が気になるところではないでしょうか?

では、次に体調管理の秘訣に調べてみたいと思います。

黒柳徹子 体調管理の秘訣

ここまで現役で活躍できる黒柳さんは体調管理にも十分気をつけて生活していると思います。
79歳の時の私生活でもこんな発言をしていました。

まず元気の秘訣、第一は笑顔だそうです。「笑う門には福来るっていうじゃない。笑うとNK(ナチュラルキラー細胞が活性化して免疫力を高めてくれて、やってやるぞ、と元気になるんですって」

生き生きしていることが「若さ」であって、シワがなくても、ジーッとお人形さんのように動かないのは、「若い」とは言えないと思うんです。

体調管理の秘訣と思われることは

・二度寝就寝法
「22時から2時の間に最も盛んに成長ホルモンが分泌される」と聞き、
その時間帯は寝ることにしているようです
それだけではなく、
夜中の2時過ぎに一度、起床し、3時間ほどデスクワークをして、再び就寝するという。

毎日欠かさず(雨の日も風の日も)ウオーキング30分~1時間

どんなに疲れても寝る前に、1日2回、ちょちょとリフトアップのフェイスマッサージ

79歳で夜中からデスクワークなんて・・・ちょっと考えられない行動でした。

また50歳頃まではお昼にステーキ、夜にもステーキと言った肉食の生活をしていたそうです。

そしてびっくりしたことに、黒柳さんは30年以上ノーブラで生活をしていたそうでした。

これも体調管理の秘訣???
かはわかりませんが、やはり体調維持の為には食生活や運動も取り入れて、管理をされていたようでした。

82歳になる現在も無理のないように続けられるところは維持しているのかもしれないですね。

Sponsored Link

黒柳徹子 持ち病

年齢的にも持ち病があるのか?
と気になる方も多いと思います。

つい先日の2015年11月5日にも
黒柳さんが体調を崩し、名古屋市内で開催中の「徹子の部屋展」会場に行けなくなってたと報道されておりました。この時は風邪との事でしたが実際のところもわかっていないようですね。

また最近の「「徹子の部屋」でも、このような話もでているようです。

最近は本当に滑舌が悪く、何を言っているか本当に聞き取りにくい。視聴者からも黒柳が『何を質問したのか』といった問い合わせが入ることも多々あるそうだ。収録の際には看護師が待機しているなんて話もまことしやかに囁かれていたんです。

年齢的にみてもこの状況でも仕方ないと感じますね。

そして、黒柳さんの滑舌が悪い原因と思われるのは「入れ歯が合っていない」という話もあるようでした。

それは納得できる話ですね。
「入れ歯が合わない」と上手く話すことが困難になってしまいますから。

 

では、黒柳さんには持ち病はあるのでしょうか?

以前、黒柳さんが著書で「計算障害」と「読書障害」を告白していましたが、これは病気ではなく個性と言われる障害だそうです。

発達障害といっても、普通に学校に進学していけるので個性を活かしていけば、黒柳さんのように素晴らしいトークができ個性が輝いていきますね。

82歳で現在も活躍されいる黒柳さんですが、調べるところでは気になる持ち病はないようでした。
公表されてない部分もあるとは思いますが、今回の紅白の総司会者に選ばれたところで、体調も決して悪くはないようですね。

黒柳徹子 まとめ

黒柳さんが最初に紅白歌合戦の司会を務めたのは1958年「第9回NHK紅白歌合戦」でした。
この時に初紅組司会を務めたそうです。

そして今年「第66回NHK紅白歌合戦」では総合司会者に。
NHKアナウンサー以外の人物としては1983年(第33回)のタモリさん以来史上2人目となる総合司会に決まり、年齢に負けない素晴らしい活躍を見せてくれています。

今年の最後の恒例番組である「紅白歌合戦」無理のない元気な姿で、総合司会されることを楽しみしております。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサードリンク


 - ドラマ・テレビ情報, 芸能ニュース