相棒14 第3話の視聴率や感想!反町の評価や第4話のネタバレ

      2015/11/06

Sponsored Link

国民的刑事ドラマ「相棒14」

俳優の水谷豊(63)が主演を務める国民的刑事ドラマ「相棒14」

テレビ朝日「相棒season14」第3話(10月28日放送)。

相棒


第3話 は「死に神」

第3話
右京(水谷豊)についていくと事件に当たる。
そんな噂に興味を持った亘(反町隆史)が、証拠品の返却に出掛ける右京についていくと山中の別荘で事件に遭遇するところから始まります。

今回、犯人役の近藤公園さんは演技に癖があったりと、なかなかいい感じの役柄でした。(笑)

「死に神」とはこの意味だったのだと・・・・

今さまざまな危険が潜んでいる現在において、この第3話を通して、”命の大切さ”についてを教えてくれる内容でもあったように感じました。

 

<関連記事もご覧下さい>

相棒14 第2話の感想!第3話のネタバレや反町のメガネの評判も

相棒14初回視聴率が凄い!反町の反響や感想と第2話のネタバレ

「相棒14」初回放送はいつか?あらすじや感想も紹介!

「相棒14」4代目の相棒が決定。5代目も?放送はいつなのかも紹介

 

「相棒14」 第3話の感想

相棒2

<感 想>

今回のTwitterでの感想

・ニヤける冠城に対してお友達扱いの幸子さん
でも右京さんはあくまで同居人扱い
そしてどこにいっても飲み物の好みは合わせない超マイペースな冠城さん
この人たちに結束感が出る日は来るのか?

・相棒今週も見ごたえあったなー。
相棒って、ミステリーだけどトリック!て感じじゃなくて、物事を違う方向から見ると、違う答えが見えますよみたいなやつ。
だから深みがあって面白いのよね。

・今はまだ冠城君は「同居人」だけど今後どう「相棒」に変わるのか楽しみ。というかseason8の神戸時代を思い出した。

 

今回の「死に神」のタイトルが気になりましたが、内容もなかなか深みにありましたね。

冠城さんのキャラもまた味があってなかなか良かったですね。
幸子さんをみてニヤニヤしてるところなんて、とても可愛らしく感じました。(笑)
右京さんとは合わせない、冠城さんの個性もあったりして、右京さんがなかなか冠城さんを「相棒」と認めない部分も何か理由があるんでしょうね。

「同居人」から「相棒」に変わる展開がとても気になるところです。

 

「相棒14」 第3話の視聴率

第3話が10月28日に放送

平均視聴率は14・8%

第1話 平均視聴率 18・4%
第2話 平均視聴率 17・6%
第3話 平均視聴率 14・8%

 

第3話にきて、だんだんと視聴率が下がってきていることがわかりました。

初回放送は”新相棒”がどんな人なのかが、とても気になり高視聴率をあげてきました。

 

しかし、視聴率は落ちてきたものの、まだまだ、見所深い「相棒14」の展開は気になる方も多いので、

これからも視聴率は期待できそうですね。

 

Sponsored Link

 

「相棒14」 反町さんの評価

今回の「相棒14」の冠城亘を演じる、反町さんの評価はとてもいいですね。
初回放送から反町さん情報がネット上でも多く検索されるほど注目されてきています。

そんな経験を積み重ねてきた、俳優反町さんが作り上げようとしている冠城亘の思いについて、
このようなコメントがありました。

反町さんは
「現実世界で悲しいときにずっと悲しい顔をしているかというと、そうでもないじゃないですか。悲しみを押し殺して笑うことだってある。今回の冠城亘も、そんな人間にしたいんです。場面場面でさまざまな感情が表れる人間にしたい」

そんな新相棒に水谷さんからも好感の高い評価
「さすがだな、と思います。過去の相棒になかった角度で入ってきてくれる。とても刺激的ですね」

(スポニチサイトより)

このコメントを読んで、反町さんが演じる冠城亘の思いについて、とても期待を感じました。

水谷さんが長い年月をかけて熟成した「ドラマ相棒」の杉下右京。

その第4代目の「相棒」冠城亘は今までにない、史上最強の”相棒”になるかもしれないですね。

 

「相棒14」 第4話のネタバレ

 

【第4話「ファンタスマゴリ」あらすじ】(公式サイトより)
(11月4日放送。ネタバレ含み)

ある日、右京(水谷豊)は、捜査二課時代の上司で現在は金融コンサルタントをしている片野坂(岩松了)と再会する。
裏社会の人間も顧客にしている人物のため、右京はかかわりあいを避けようとするが、片野坂は思わぬ話を切り出してくる。

20年前、右京と片野坂は、当時君臨していた日本の政財界とつながりがあり、フィクサーとも呼ばれていた黒幕・譜久村(織本順吉)を逮捕しようと動いていた。

しかし、唯一の手掛かりだった証券会社の男が自殺し、真実は闇に消えた。

それから20年後の今、片野坂は自殺した男の娘・愛(伊藤久美子)と偶然再会したと語る。

しかし、一週間ほど前から連絡が途絶えてしまったため、当時の事情を知る右京に調べてほしいのだという。自分が追い切れなかった譜久村が、今回の一件に何らかのかかわりを持っている可能性を感じた右京は早速、譜久村と接触。

しかし、今なお各界に絶大な影響力を持つ裏社会のドンだけに、調べ始めただけで即座に上から圧力をかけられるのだが、右京は亘(反町隆史)と共に捜査を続ける。

女性失踪事件の裏に見え隠れする巨悪の存在。裏社会の金融屋となった右京の元上司の狙いとは?

20年の時を超え、右京が日本の黒幕と対峙する!

ゲスト:岩松了 織本順吉

 

 

次回は、20年の時を超え裏社会の黒幕と対峙する右京さん。
右京さんがこの黒幕との戦いをどのように解決していくのか見所ですね。

予告を見てると、どんな内容なのかとても気になって仕方ありません。

次回は11月4日。お見逃しのないようにしてくださいね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Sponsored Link


 - ドラマ・テレビ情報