まつげエクステ を自分でやると安い!通販でセルフが買える

   

Sponsored Link

まつげエクステで目元パッチリ!

女性の魅力は目元からと言っていいほど、目元はとても重要なパーツです。
そんな目元を華やかにしてくれることで、人気のまつげエクステ。

まつエク

なんと最近はセルフで自分で「まつエク」をする女性が増えています。

自分で ”まつエク” をやるなんて、ちょっと怖い・・・
と思っている人も多いのではないでしょうか?

 

そこで、「まつエク」のセルフについて色々調べてみました。

「まつエク」 自分でやる

最初に「まつエク」とは

自分のまつげ1本1本に、グルーと呼ばれる黒い接着剤で人工まつげを装着します。
接着剤で付けてあるので、顔を洗っても取れないです。
お手入れ状況では、だいだい数週間もちますよ。

「まつエク」をサロンに行ってやると、時間とお金がかかりますね。
サロンによって値段も違いますが、
大体5000~10000円くらい

が相場のようです。

また、キレイなまつ毛を維持するためには月1回くらい通うことになります。

 

それを自分でやると、

★サロン1回分の値段で付け放題

通販で5000~10000円くらいで購入できるので、サロンに1回通う分の値段で出来る事になります。
消耗品(まつげ、グルーなど)の減りの早さには個人差がありますが、大体1年前後はもちます。

1回分の値段で1年付けられる事になるので、かなり節約になりますね。

 

★時間の節約

サロンまで行く時間や、待ち時間などもないので、忙しい女性にとっては時間の節約になりますね。
自分の好きな時に好きなだけ付けることが出来ます。
慣れてくると30分くらいで20~30本づつ付けられるようになります。

 

★自分でやるので自由自在

デザインが気に入らない、施術者に伝わらない、施術者が信用できない、衛生面の心配などがなくなります。
しかし、初心者にとっては「まつエク」を自分でやるとなるとちょっと難しいですよね・・・

そこで、練習として

・サロンでつけてもらったエクステがとれてしまった所に1本つけてみる
まわりのエクステが支えてくれたり、ガイドになってくれるので、まっさらな状態のまつげに付けるよりも付けやすいです。

それでも、まだ自分はできない・・・・

・セルフまつげエクステのスクールに通ってみる

スクールで教えて貰えたら、わかりづらいことなども質問できます。
ちょっと高額ですが、一度覚えればずっと自分でまつげエクステを付けられます。

誰かにやってあげるのには美容師資格が必要ですが、自分で付ける分には資格は必要ありません。
そして、セルフまつげエクステを付けることを教えることにも美容師資格は必要ありません。
そういう背景からか、セルフまつげエクステのスクールが増えてるそうです。

そのうち上手になったらサロン並みにフサフサに付けられるようになれれば、感動ですよね。

Sponsored Link

 おすすめのセルフ

キットは通販で購入できます。


<用意するもの>

・鏡(できれば三面鏡)
・エクステ
・グルー(接着剤)
・リムーバー
・ツイーザー
・グルーを出す置き石
・サージカルテープ
・DVDや説明書
・コーム
・綿棒
・テーブルに敷くキッチンペーパー

など

コームや綿棒などは100均などでも購入できます。

初心者には全部揃ったスターターキットがおすすめですね。

プロが教える失敗しないエクステスターターキット [ナチュラル 0.15mm]

 

少ない本数で簡単にボリュームアップ!
お手頃価格なので、お試しにいいかも。
大人気の束(フレア)タイプのまつげエクステです!!

まつげエクステ セルフエクステ 10束

 


<エクステの太さの種類>

・0.1mm
・0.15mm
・0.2mm

などがあります。

目安は0.15mmがマスカラを塗ったようなまつげ。
普段マスカラを塗る方は0.15mm以上を選ぶといいでしょう。

 


<カールの種類>

Jカール、Cカールがあります。

くるんとした上がったまつげが好きな方はCカール。
いつもビューラーで一生懸命まつげを上げている方にはCカールなどカールの強いものがおすすめです。


初心者向け(DVD付)まつげエクステ≪Cカール≫豪華17点セット

まつエク3

 

 

 

伏し目にした時にきれいなJカール。

初心者向け(DVD付)まつげエクステ≪Jカール≫豪華17点セット

まつエク2

長さや色などを変えるデザインも、セルフなら自由にいろいろ試すことができますよ。

豪華セットも勢揃いしてありますよ。
 

 

 

 

 最後に

いかかでしたか?
つけまつげより、長持ちして、サロンより安くすむので、セフルはとても安くお得ではないかと思います。

しかし、安いとは言っても自分でやるので、気をつけないと目に負担をかけることになります。

「まつ毛エクステ」をつける負担1年分は、まつ毛で65kg級の「柔道選手」を持ち上げる負担と同等との情報もありました。

また、たるみの原因につながるので、期間を空けることも必要ですね。

<セルフで気をつけること>

① 肌の弱い人はやめておきましょう
② ツイーザーなどの取り扱いには注意

自分合った状況で素敵な目元を作りだしてくださね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Sponsored Link


 - 健康・美容, 話題、イベント情報