【箱根駅伝2018】神奈川大学の結果速報!区間賞や往路の順位はどうなの?

      2018/01/03

  2018年 あけましておめでとうございます。

お正月の楽しみの一つとなっている、2018年の箱根駅伝がいよいよ始まりましたね。

2017年は青山学院大学が初の3連覇を達成し、他校も決して負けてられない気持ちになったのではないでしょうか。

2018年の箱根駅伝は青山学院大学の4連覇を止める勢いで、神奈川大学・東海大学・東洋大学・早稲田大学が勢いをつけ、まさに戦国駅伝とも言われております。

 

今回は、第49回全日本大学駅伝で20年ぶり3度目の優勝を勝ち取った神奈川大学に焦点をあてさせていただきます。

 

Sponsored Link

第49回全日本大学駅伝の結果がすごい!優勝の秘訣は最終区間にあった!

第49回全日本大学駅伝 総合成績表(8区 106.8km)

1位に輝いた、神奈川大学のタイムは「5:12:49」でした。

 

では、各選手達のタイムもご紹介させていただきます。

1区 山藤 篤司 43:29

2区 大塚 倭    38:56

3区 荻野 太成 27:34

4区 鈴木 祐希 40:40

5区 越川 堅太 33:52(区間賞)

6区 安田 共貴 36:08

7区 大川 一成 34:46

8区 鈴木 健吾   57:24

優勝の秘訣として、神奈川大の大後栄治監督は

「うちの勝ちパターンとして固かったのは全日本なんです。あの駅伝は最終区間が最長距離のエース区間なので、そこに絶対的なエースがいれば勝つ形を作れる。でも箱根は本当にトータルの総合力が求められるので別ものです」と言う。 (引用元:Web sportivaより)

2017年の2区で区間賞を勝ち取った鈴木健吾選手が、全日本大学駅伝で最終区間を見事完走で勝利に導きました。

箱根駅伝と違って最終区間がエース区間となっていたため、誰より早い鈴木選手を最終区間にもっていき、見事優勝を勝ち取れた駅伝という結果になりましたね。

 

また、5区を走った越川堅太選手は、区間賞を獲得する素晴らしいスピードのある走りでチームに貢献し、神奈川大学は有力選手が揃って、箱根駅伝への体制を整えております。  

 

 

箱根駅伝の区間エントリー選手は?

<往路>

1区 山藤 篤司

2区 鈴木 健吾

3区 越川 堅太

4区 大塚 倭

5区 荻野 太成

<復路>

6区 安田 共貴

7区 多和田涼介

8区 西田 秀人

9区   北崎 拓矢

10区 鈴木 祐希

神奈川大学の区間賞や往路の順位は結果は?

全日本大学駅伝で優勝を勝ち取った神奈川大学は、箱根駅伝でも優勝候補として堂々たる勢いで挑みます。

注目区間としては、2区の鈴木選手の2度目の区間賞を狙うところですね。 3区の越川選手へ1位のタスキを繋げることで、往路を勝ち取ってほしいところです。   

 

区間 選手 順位
1区  山藤 篤司  6位
2区  鈴木 健吾  3位
3区  越川 堅太  4位
4区  大塚 倭  3位(区間賞)
5区  荻野 太成  15位
6区  安田 共貴  14位
7区  多和田涼介  15位
8区  西田 秀人  14位
9区  北崎 拓矢  13位
10区  鈴木 祐希  13位

■ 見どころまとめ 

2区のエース鈴木選手6位から2・3位まで追い上げてきました。最終は3位でタスキを繋ぎ越川選手にトップとの距離を縮めてほしいところです。

4区で見事区間賞を取り3位をキープしていましたが、5区でなんと順位が下がってしまいましたね。当日の色々な環境状況から、何が起きるかわからない箱根駅伝。

 

なんとしても復路でシード権獲得を目指してほしいところです!

 

Sponsored Link

神奈川大学を応援するTwitterの声

■ 往路

神奈川大学の結果速報!

■ 往路 15位    

タイム 5時間38分04秒  

 

3位をキープしていましたが、5区の山でかなり苦戦してしまいましたね。 選手の皆さま、関係者の皆さま、お疲れ様でした。

 

  ■ 復路   9位  

タイム 5時間39分04秒  

 

総合は  13位   タイム 11時間17分08秒  

 

お疲れ様でした!

箱根駅伝2018年 おすすめの関連記事はこちら

箱根駅伝を出先でもリアルタイムで視聴したい方には ⇒【箱根駅伝2018】ネット中継でリアルタイムで見れる!動画配信が無料で見れる方法は?  

☆【箱根駅伝2018】花の2区の出場選手と区間エントリーは?区間賞と区間順位速報!

☆【箱根駅伝2018】往路の各区間賞と区間順位速報!往路の優勝校はここ!


 - スポーツ情報