堀田将人主将(滝川西)身長体重や出身中学はどこ?祝福LINEが凄かった! 

   

こんにちは~

2017年北北海道から滝川西高校が甲子園に出場し、北海道民の管理人も勝利を願っております。

また、嬉しいことに今年の開会式の選手宣誓の切符を滝川西高校の堀田将人主将が引き当てて、さらに注目されるところです。

8月8日に開会式が始まるので、北海道民は我が子のように見るのではないでしょうか。

今回ニュースを見てると、甲子園に出場する公立高校が少なくなっているとのことでした。

 

 

実は公立高校の出場が10校を割るのは、戦後はじめてのことだ。

(中略)
今大会に出場する公立高校はとても少ない。滝川西(北北海道)、高岡商(富山)、坂井(福井)、彦根東(滋賀)、三本松(香川)、鳴門渦潮(徳島)、東筑(福岡)、波佐見(長崎)──8校のみである。

(引用元:Yahooニュースより)

 

確かにスポーツをやる環境としては、公立高校より、私立高校の方が環境がよかったり強かったりしますね。

管理人の息子もサッカーをやっていますが、地元には強い公立高校がなく私立高校の部活に入りたい!との一点張りで、現在私立高校でサッカーをやっています。

 

ちょっと話はそれてしまいましたが、

少ない公立高校の代表として北海道から滝川西高校が甲子園の切符を勝ち取り、しかも2017年甲子園の開会式の選手宣誓なので、本当に凄い確率だったと思います。

今回は、滝川西高校の主将である堀田将人選手について調べてみました。

Sponsored Link

 

身長・体重はどのくらい?

今回滝川西高校の主将である、堀田将人選手の身長・体重も気になるところです。

同じ野球選手にとって、身体づくりも重要なポイントなので調べてみました!

堀田選手の身長・体重は

身 長:179cm

体 重:76kg

かなりいい体格ではないでしょうか。

標準体重を計算すると ”70.5kg”

野球選手は体力も必要なので標準より多い76kgはかなり鍛えられた感じがしましたね。

 

日本ハムファイターズの西川遥輝選手。

同じ身長の179cmで、しかも体重は同じ76kgでした。

プロ選手と体格が同じとは、なんとも凄いですね!

 

出身中学や滝川西高校とは?

堀田選手の出身中学は、

砂川中学校


北海道は広いのでだいたいこのあたりに砂川市と隣合わせに滝川市があります。

 

◇ 北海道滝川西高等学校紹介

・北海道滝川市にある公立(市立)の高等学校

・偏差値は43~46

 

公立高校でスポーツにも力を入れている公立高校でした。

今回甲子園出場は3回目でなんと19年ぶりの出場となりました。

 

★OB・OGの有名人

・森次晃嗣(俳優)
・大政絢(女優)
・春風亭鯉枝(落語家)
・岩谷美里(女子プロ野球選手)

 

ええ・・・

大政絢さんが北海道の滝川西高校出身とは!なんか同じ北海道と分かっただけでもちょっと嬉しくなってしまいました。

 

試合日程はいつ?

滝川西高校が選手選手宣誓する、日程と第1試合は台風の影響で延期になっております。

下記の日程に変更になっているで、確認してくださいね。

 

★開会式 :8/ 7(月)→8(火) 9:00~(選手宣誓)

★試合日程:8/11(金)→12(土)

1回戦 第1試合
(試合開始予定時刻 9:30)

対戦相手:仙台育英

 

対戦相手は仙台育英とは、かなり強敵高校と試合となりますね・・・

仙台育英は1989年と2015年には夏の甲子園で準優勝まで進んだ、有力高校としても有名です。

なんとしても第1試合を突破してほしいと願っております。

 

Sponsored Link

 

堀田選手に100通の祝福LINEが!

今回19年ぶりの甲子園出場を果たした、滝川西高校が北海道でも注目されており、主将の堀田選手にはなんと100通の祝福LINEが届いていたそうです。

 

優勝決定後は掘田将人主将(3年)のもとに、無料通信アプリLINEなどで100通を超える祝福メッセージが届いたという。「僕が返しても、また相手から返信が届いて…。うれしいですけど、疲れました」と苦笑いだった。

(引用元:日刊スポーツより)

嬉しさのあまり、LINEを送りたくなる気持ちはわかりますね。もし返信になれていない男の子なら返事だけでも時間がかかり疲れてしまうのもわかるかも。

19年ぶりとなると、地元滝川市でも本当に市全体で応援していることでしょう。

 

堀田将人主将(3年)は

「お世話になった方に恩返しできるよう堂々とプレーしたい」

と抱負を語っておりました。

(引用元:毎日新聞より)

 

◇ 注目選手情報のコメント

北大会4試合を1人で投げ抜いたエース右腕、鈴木愛斗(3年)選手

「まだ優勝した実感はあまりわかない」

 

まとめ

今回は、北北海道代表の滝川西高校の主将である堀田選手について調べてみました。

例年、甲子園目前まで勝ち進んでいる有力高校でしたが、なかなか甲子園の切符を勝ち取ることができずにいました。

19年ぶりの甲子園出場に地元滝川市全体が応援体制になっております。

 

Wの嬉しさを獲得した滝川西高校の注目の選手宣誓と第1試合の活躍が楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 


 - スポーツ情報, 野球関係