朝は1杯の青汁がビタミン補給で効果的!世界一の美女も飲んでいる!

   

こんにちは~

朝って本当に忙しくてごはんも食べれなかったりしますね。

でも、朝ごはんは本当に大切なんです。

 

◇ 朝ごはんの効果

・脳の働きを活発にし、集中力や記憶力が高まる

・体温が上昇し、代謝が高まる

・太りにくい身体をつくる

・便秘解消

・疲労感が少ない

(引用元:からだカルテより)

上記の効果をみて一目瞭然!

朝ごはんを食べることで上記のような効果があるので、

反対に食べないことで、

脳の動きが鈍くなったり、朝食べなかった分お昼にまとめて食べることで、太り体質になったり、便秘になったりと・・・

 

朝ごはんはとても重要をいう事が理解できました。

また、いつもの食事に青汁をプラスすることで、野菜を摂取することができ、手軽にビタミンが補給することができます。

 

寝坊した時や忙しい朝でもパンと青汁だけでも、何も食べないよりずっと効果が期待できます。

 

朝に青汁を1杯飲むことでビタミンを補給してくれるので、とてもおススメですね。

 

今回は、世界一の美女も朝に飲んでいる青汁についてご紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

青汁の効果とは?

健康的な生活を維持するには、1日350gの野菜を摂取する必要があると言われています。

 

◇ 1日350gの野菜の摂取量とは?

緑黄色野菜 120g

トマト:3/5個〜4/5個(1個150〜200g)
にんじん:3/5個〜4/5個(1個150g〜200g)
ピーマン:3〜4個(1個35g)
ほうれん草:3/5束(1束200g)

 

淡色野菜 230g

きゅうり:2本〜2.5本(1本100g)
レタス:7〜8枚(1枚30g)
もやし:1袋
ナス:3本(1本80g)

(引用元:http://shigoto-times.com/column/458/)

これだけの量を1日で摂取するのは、忙しい方にとってはかなり難しいのではないでしょうか。

管理人も仕事と家事の両立ですが、正直・・・こんなに多くの野菜を使って料理をするなんて難しいです。

その悩みを解決するのに、青汁はおすすめのドリンクと言われています。

 

◇ 青汁で摂れる栄養素(一例)

・ビタミンC
ビタミンCは、抗酸化作用や美肌、免疫力向上などさまざまな効果が期待されます。

・カリウム

カリウムはタケノコやほうれん草のほか、青汁の原料となるケールなどに多く含まれています。体の中で血圧の上昇をおさえたり、老廃物の排出を助けたりといった役割を担っています。

・カルシウム

カルシウムは、骨や歯を作るだけでなく、体内の血液や筋肉に存在しています。神経や筋肉の興奮を抑える役割や、心臓や脳の働きを調整するとても重要な栄養素です。

(引用元:スキンケア大学より)

ここで注意してほしいのは、「青汁に期待される効果はあくまでサポート」という事です。

青汁を飲んだから、”野菜は食べなくてOK” ではなく普段の食事のサポートとして不足している栄養を補うとうことを忘れないで、くださいね。

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

朝に青汁を飲んでビタミン補給!

多くの野菜を毎日摂取するのは、日常生活で結構難しいことですよね。

上記の青汁栄養素をみてもわかり通り、野菜ジュースよりも青汁の方が栄養価が高いことがわかります。

 

そこで、忙しい朝にサラダを用意する時間もなかなかないので、青汁を朝に飲むのが一番楽で手間を省けます。

 

また朝の空腹のときなら、栄養分の吸収もいいので朝に一番飲むのを習慣づけるのが効果的と言われています。

また、起きてすぐ水分を取ると、腸の働きが活性化して便秘対策にもいいです。

 

 

青汁には多くのビタミンが豊富に含まれています。

・ビタミンA(レチノール)
ビタミンAが不足すると、視力低下、夜盲症、成長障害などの症状が表れます。
なお、βカロテンは、体内に入るとビタミンAに分解されます。

・ビタミンD(カルシフェロール)
ビタミンDが不足すると、くる病、骨軟化症、冬季うつ病などの症状が表れます。

・ビタミンE(トコフェロール)
ビタミンEが不足すると、貧血、歩行困難などの症状が表れます。

・ビタミンK(フィロキノン、メナキノン)
ビタミンKが不足すると、鼻血、月経過多、血液凝固などの障害などの症状が表れます。

・ビタミンB1(チアミン)
ビタミンB1が不足すると、脚気、ウェルニッケ脳症(意識障害)などの障害などの症状が表れます。

・ビタミンB2(リボフラビン)
ビタミンB2が不足すると、口角炎、口内炎、角膜炎などの障害などの症状が表れます

・ビタミンB6(ピリドキシン)
ビタミンB6が不足すると、貧血、口角炎、皮膚炎などの障害などの症状が表れます。

・ビタミンB12(コバラミン)
ビタミンB12が不足すると、貧血、神経異常などの症状が表れます。

・ビタミンC(アスコルビン酸)
ビタミンCが不足すると、貧血、壊血病などの症状が表れます。

(参考サイト:青汁ガイドより)

 

これだけのビタミンが青汁には入っていたんですね!

この栄養価にびっくりしました。

例えば、あまり聞きなれないビタミンB12。

食事でと摂取するとなると、

・牛レバー50gで26.4μg

・しじみ20gで12.5μg

 

が必要になります。

そう考えると毎日この食材を食卓に並べるのは難しいですよね・・・

 

健康・美容を維持するのに必要なビタミンが多く入っている青汁の効果ってかなり凄いことがわかりました。

世界一の美女も飲んでいる

私が愛読している本で

「世界一の美女になるダイエット」エリカ・アンギャル

このエリカ・アンギャルさんは

2007年ミニユニバースで世界大会1位の森理世さんや2006年ミスユニバース世界大会2位の知花くららさんの栄養コンサルタントの方です。

このアンギャルさんが、

”美女の朝は1杯のグリーンカクテルで始めるの” 

と語っておりました。

グリーンカクテル ⇒ 青汁 のことです。

本の中で、青汁いうネーミングも美味しくなさそうに響くということで、グリーンカクテルと呼んでいるそうです。

長くづつけることが大切ですが、飲みやすいものではないので、ちょっとした工夫もされておりました。

果汁100%のりんごジュースをほんの少し加えることで、青臭さが薄まって飲みやすくなるそうです。

Sponsored Link

 

まとめ

今回は、世界一の美女も朝に飲んでいる青汁についてご紹介しました。

管理人も青汁を飲む機会がなかなかなかったので、青汁を買って飲みたいと思いました。

イメージ的に青汁は年配の方が飲むもの・・・

なんて認識したので、この青汁効果を知って朝に飲むことで美容・健康になくてはならないものだと感じました。

是非、朝は1杯のグリーンカクテル から1日を過ごしてみてはいかがでしょうか

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁


 - 健康・美容