ジャガイモの高騰はなぜ?2017年品薄の理由やポテトチップスの影響も!

      2017/05/10

こんにちは~

北海道に住んでいる管理人ですが、今年ほどジャガイモが高いと思ったことはないですね。

ジャガイモは収穫時期にニセコ方面に行くと段ボール買いして、美味しいジャガイモで「イモ団子」(いも餅)を作っておやつにして食べるくらいなのですが・・・

 

最近スーパーでジャガイモを買おうと思っても普段の価格より30円近く高くなっており、しかもジャガイモの大きさもかなり小ぶりになっていました。

こんなにジャガイモが小さいと料理をするときに数が必要になり、やはり手間が掛かってしまいますね。

今まで安くて料理にはなくてはならない、ジャガイモがなぜここまで高騰してしまったのでしょうか。

今回は、ジャガイモの高騰の理由やポテトチップスの今後の影響についても調べてみました。

Sponsored Link

 

 

ジャガイモの高騰はなぜなの?

ジャガイモが高騰している理由として

相次ぐ台風の影響で例年なら8月中旬ごろから出回る北海道産野菜の出荷が滞り、仕入れ値が上昇。タマネギは春ごろからのカビ流行の影響で品薄感がある中、北海道産入荷への期待が打ち砕かれたという。

店頭ではジャガイモやタマネギの小さいサイズを1袋に多めに入れるなど見せ方を工夫している。「品薄感が続けば仕入れ高値が続く可能性がある」と警戒する。

(引用サイト:毎日新聞より)

2016年に北海道に相次いだ台風とそれに伴って起きた記録的な大雨の影響で、ジャガイモやタマネギなどの農産物に大きな被害が出てしまっていました。

 

北海道のじゃがいもの収穫時期は

7月~10月くらい

 

までと言われており、この収穫時期と言われる8月末から9月に大型台風の影響で、畑が水につかってしまったのです。

2016年の出荷は例年の半分くらいの出荷になったと思われます。

その為、

店頭価格が高騰してしまい、2017年現在もその影響が多く出ていると思います。

 

なぜ、台風でここまで影響がでてしまったのか?

台風はどこの地域でも起こる可能性があるのになぜ、ここまで被害大きかったのかも気になるところです。

通常、台風が発生しても北海道に来る頃には温帯低気圧に変わってしまうことが多いため、

北海道の台風に対する危機意識が他の地域より高くなかったとも考えられます。

この台風影響が今後の北海道の農家の危機意識を高めたといってもいいと思いますね。

 

ジャガイモの品薄の理由とは?

しかし、北海道の台風の影響はもちろんあったと思いますが、他の産地でもジャガイモは作られているので、品薄をなんとかできないのかと思いますよね。

 

ジャガイモの産地を調べたところ

順位 都道府県 構成比
1位 北海道 77.5%
2位 長崎県 4.6%
3位 鹿児島県 3.6%

この表をみてのとおり、ジャガイモのほとんどが北海道から出荷されていることがわかりますね。

 

春に九州でじゃがいもができるまでは、前年秋に北海道でとれたじゃがいもを少しずつ出荷している状況です。

しかし、前年度の秋の北海道の出荷が例年の半分くらいとなったことから、ジャガイモが2017年は品薄になっている現状が続いていることが理解できるのではないでしょうか。

 

ポテトチップスにも影響がでている

この影響は人気商品のポテトチップスにも影響しておりました。

 

大手菓子メーカーのカルビーと湖池屋が相次いで一部のポテトチップスの販売を休止している。昨年夏の北海道の台風被害で北海道産のジャガイモが不足し、原料の確保が難しくなったことが影響している。

(引用サイト:毎日新聞より)

カルビーさんと湖池屋さんの商品は7割が北海道のジャガイモを使用してることから、原料の確保が難しく、アメリカ産のじゃがいもを多く仕入れる工夫はしていたけれど、それでも間に合わなかったそうです。

 

そして収穫されたじゃがいもは、小さなじゃがいもが多かったこと

 

ポテトチップスに使えるじゃがいもが少ないことから値段が高騰しているといった現状が起きてしましったのです。

 

休止商品は、ジャガイモの生産量が回復し次第、販売を再開するとのことですが、再開のめどは立っていないとのことでした。

 

5月には九州でジャガイモの収穫が始まるので、少し期待したい気持ちですね。

 

販売一時休止 一覧はこちらです

 

子供達が大好きなポテトチップスだけあって、今回は深刻な状況にあったと理解しなければならないですね。

色々な味があるのですが、うちの子供達は「ピザポテト」がお気に入りだったので、再開を心待ちにしております。

 

Sponsored Link

 

◇ ジャガイモの代用予備知識

また、ジャガイモが活躍するカレーですが、代用も考えていきたいですね。

夏に向けて暑くなり食中毒も増える時期。
カレーにジャガイモが入っていると早く腐食するので、夏は入れない方がいいようです。

代わりに夏野菜ピーマンや、茄子など、またはゴーヤーなどを入れてもおいしいとか。

 

まとめ

今回は、家庭料理の必需品である、ジャガイモの高騰について、さまざまな角度から調べてみました。

北海道のテレビニュースをみていると、種芋も例年より少なくなっているそうです。

5月のGW頃から種が植えられ、順調にいけば7月~10月には収穫できます。

今年は2016年の台風の危機感を持っていると思うので、順調な収穫できることを願っております。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 


 - 季節情報, 話題、イベント情報