原沢久喜の身長や出身大学は?所属はJRAで世界ランキングが凄かった!

   

こんにちは~

「リオ五輪100キロ超級」銀メダリストの原沢久喜選手が2年ぶりの王者を競う「全日本柔道選手権」に出場します。

 

2016年のリオ五輪では素晴らしい戦いを見せてくれた原沢選手。

さらにパワーアップした姿を見せてくれるのではないでしょうか。

 

【全日本柔道選手権】

2017年4月29日(土) 16時00分~17時30分

日本武道館から中継

 

今回は、原沢選手について身長や出身大学の情報、そして所属や世界ランキングをご紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

原沢久喜 身長が気になる

まずは、原沢選手のプロフィール紹介します。

【原沢 久喜】(はらさわ ひさよし)

★生年月日:1992年7月3日

★出身地:山口県下関市出身

★血液型:A型

★階級:100kg超級。

★得意技:内股、大外刈

★組み手は右組み。段位は参段。

 

原沢選手を調べていたら「韓国」・・・???

と出てきたので韓国人?かと思ったら、噂情報だったようですね。

日本の出身でした。(笑)

 

◇ 身長と体重

とても大きな体なので、身長と体重はどのくらいなのか気になりますね。

 

身 長 :191cm

体 重 :122kg

 

背も高く、体重もかなりあるので、近くでみたらかなり大きい事がわかりますね。
参考に
力士の白鵬さんの身長と体重ですが

身長 192cm
体重 155kg
体重はかなり違いますが、身長はほぼ同じくらいですね。

 

原沢久喜 出身大学?

原沢選手の出身学校は

出身校:日新中学 ⇒ 早鞆高校 ⇒ 日本大学

あの有名な ”日本大学” の出身でした。

 

◇ 日本大学出身のおもな芸能人

・本仮屋 ユイカ  藝術学部演劇学科

・佐藤 隆太  藝術学部映画学科

・柴田 恭兵  経済学部

・神田 正輝 芸術学部映画学科

・大塚 寧々 藝術学部写真学科

・関根 勤 法学部管理行政学科

・春日 俊彰 商学部

・白鳥 久美子  藝術学部演劇学科演技コース

・斎藤司 商学部商業学科

 

この他にも多くの芸能人がいました。

 

 

所属はJRAに就職

2015年4月か「JRAの労務厚生課」に所属されております。

個人的に ”JRA” の社員って高学歴の高給料というイメージで羨ましい感じがしす。

ちょっと調べたところ

 

JRA職員は2つの仕事を持っているそうです。

・ウィークデーには、所属する部署で競馬開催に向けての「平常業務」

・土・日の競馬開催日には、所属部署とは別の執務体制のもと、競馬場やウインズで「開催業務」

 

職種も

・事務職
・技術職
・獣医職

3つに分かれています。

職員の休日は月曜日と火曜日になっていました。

ちなみに原沢選手は柔道専門に取り組める環境の「労務厚生課」でしょうね。

 

柔道と競馬って繋がりがあるの・・・?

って感じを受けましたが、
JRA柔道部は実は伝統ある名門クラブのようで、過去にも優秀な選手を輩出しておりました。

 

・バルセロナ五輪 銀メダルを獲得した小川直也選手

・シドニー五輪 金メダルを獲得した瀧本誠選手

 

競馬場ならではのトレーニング方法もあるようで、

この馬が走る約1.3キロものコースをトレーニングとして使用しているそうですよ。

 

Sponsored Link

世界ランキングが凄い

 

原沢選手の世界ランキングが凄いですね。

 

過去の試合成績を見ると、1位2位を争う戦いばかりでした。

 

◇オリンピック

銀 2016 リオデジャネイロ 100kg超級

 

◇ワールドマスターズ

銅 2016 グアダラハラ 100kg超級

 

◇グランドスラム

金 2015 チュメニ 100kg超級
金 2015 パリ 100kg超級
金 2015 東京 100kg超級
金 2016 パリ 100kg超級
銅 2013 東京 100kg超級
銅 2014 チュメニ 100kg超級

 

◇ユニバーシアード

金 2015 光州 100kg超級

 

◇ 世界ランキング順位歴

・2013年 50位

・2014年 21位

・2015年 4位

・2016年 2位

 

世界ランキングは2位

の実力でした。

 

2013年は50位だったランキングを3年で2位にまでに!

かなり練習を積んでの成果ではないでしょうか

まとめ

今回は、原沢選手の身長や出身大学や世界ランキング歴についてご紹介しました。

柔道選手としてかなり長身の原沢選手。

JRAの独自のトレーニングで世界ランキング50位から2位までに、実力をつけたことでこれからの活躍が期待されますね。

「100キロ超級」の期待の選手!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


 - スポーツ情報